2016年12月04日

[畑] ようやくドクダミが消えてくれたか。

今の所新芽の出現は無し。

ただ、土の中には高い確率で根っこを伸ばした奴がまだいると思っている。

しかしながらそうは言っても最近掘り起こした土の中からは根っこの検出はない。最近はようやくと言っていいのだが、振るいを使うようにして土をふるい分けして細かく内容を見ている。だけど細い根っこはほとんどパススルーだから意味ないかもしれないけどね。

posted by NN Masteroo at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NetGenesis GigaLink1000 のWEB管理画面のDHCP設定にバグがありますね。

固定IPアドレス 登録リスト
という機能があります。

これは、特定のMACアドレスに対してきまったIPアドレスを割り当てるための機能です。
ここにいくつかのリストがすでに登録済みだとします。

「編集」ボタンを押します。
ここでおもむろに左側の管理メニューのどれでもいのでクリックします。

もう一度固定IPアドレス 登録リストを見てみると、編集を押したものが消えて無くなっています。
この操作を繰り返すと全部消えてしまいます。

それでも「設定の保存」をしない限りは、リストは有効です。うっかりここで設定の保存をしてしまうと、0件のリストになってしまいます。
そのため、間違いに気づいた場合はすぐさまこのルータの設定を保存しないままで再起動を行います。

これで、消えたリストは復元されます。

posted by NN Masteroo at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感&戯言

2016年11月25日

NetGenesis GigaLink1000 ファームウェアVer5.304.04 に更新した!

ルーター製品・モデム製品サポートトップ|お客様サポート|株式会社マイクロリサーチ

NetGenesis GigaLink1000|お客様サポート|株式会社マイクロリサーチ

2016年8月1日にリリースされていたようなのだが、先日気が付いた。3か月以上もファームウェアアップに気が付かないとは、衰えたものである。

バグフィックスにあるようにFireFoxから開かなかったから、もしかすると あれ?おかしいなーとか思いながら数か月スルーしていたのかもしれない、ボケたな。
posted by NN Masteroo at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Canon プリンター TS5030 を導入してみたのだが、、、

WiFi/アクセスポイントに繋がっているノートPCからセットアップをしたところ、どんな理屈か全くわからないのだが プリンター側が自動的に家庭内WiFIアクセスポイントに接続した状態になった。

しかも、そのセットアップの途中で家庭内アクセスポイントのパスワードを表示する画面があった。セットアップ中はパスワードなんぞ入力していなかったのにいったいどこから引っ張り出してきたのか。

ちょっとやることが強引すぎる気がするぞ。キヤノンさん。

セットアップ完了、その後も一切PCにはUSBケーブルをつながないで済んでしまった。
USBケーブルが付属していない理由がわかったよ。
posted by NN Masteroo at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC環境構築奮闘記

2016年11月24日

ちょっとコンデジ風味も感じてしまうEOS M5.これは欲しい(希望だけ)

弱点が見当たらないぞ…。ミラーレスofミラーレスになりうるか? キヤノン「EOS M5」実写レビュー|ギズモード・ジャパン

今まではコンデジでいいや、十分だと思ってきましたが 一眼の良さはフィルムカメラ時代に堪能しているのでいつかはカムバックと思っていました。(思ってるだけ)。

EOS M5はボディだけで12万円と。コンデジでいうと1〜3台分のお値段です。

やっぱりコンデジでいいかも。(結)。

posted by NN Masteroo at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月23日

少し寒かったので昼過ぎに小一時間畑へ。

荒れ地に球根がいっぱいなっているので掘り起こしたところ、土の塊のようになったものが全部球根だった。重い。

売れるんじゃないかというくらい(段ボールいっぱい)は採れた。

しかし、処分予定。

posted by NN Masteroo at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・衛生

Sysinternals Suite Updated [Sakura's VPS auto Post]

20161123_220810更新内容確認
Sysmon.exe/Sysmon64.exe が更新されたのみ。


----------------------------------------------------
Sysinternals suite(zip) may be updated.

Current Timestamp
2016-11-23 21:25:54.000000000 +0900 ,22239523 bytes
Before Timestamp
2016-11-23 14:55:53.000000000 +0900 ,22239345 bytes

Check Official web site !
Directe Link (SysinternalsSuite.zip)
Search Old Posts of this Blog.
posted by NN Masteroo at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tools-Sysinternals

Sysinternals Suite Updated [Sakura's VPS auto Post]

Sysinternals suite(zip) may be updated.

Current Timestamp
2016-11-23 14:55:53.000000000 +0900 ,22239345 bytes
Before Timestamp
2016-11-18 08:34:52.000000000 +0900 ,22239558 bytes

Check Official web site !
Directe Link (SysinternalsSuite.zip)
Search Old Posts of this Blog.
posted by NN Masteroo at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tools-Sysinternals

2016年11月18日

Sysinternals Suite Updated [Sakura's VPS auto Post]

恒例の変更点チェック:@20161119_230945
Process Explorerがv16.20になって以下の新機能が増えたらしいが、どこにあるのかわからんかった。
Process Explorer v16.20
This release of Process Explorer, a powerful process management and diagnostic utility, adds reporting of process Control Flow Guard (CFG) status and dynamically updates to reflect changes to process Data Execution Prevention (DEP) configuration.

よく見ると 一覧の列の選択肢と、プロセスのプロパティのどちらでも確認ができる。(Windows10 ホストOS)。しかし、仮想マシン内のWindows7のゲストOSでは項目はあるものの 表示はされないようになっていた。

なお以下が今回と前回を比べた 更新モジュール一覧
suite2016-11-19_231015.png

今回 Process Explorer のx64版 exe ファイルも同梱されているけど、以前もあった「誤同梱」なような気がしている。
なぜなら
・32ビット版 procexp.exe は内部に 64ビット版(procexp64.exe)を持っている
・64Bit Windowsでprocexp.exeを起動すると 64ビット版(procexp64.exe)をTEMPフォルダーに解凍してから自動起動してくれる。つまり以下のようになっている。
2016-11-19_231520.png
・そして、32ビット版のプロセスのプロパティから、ウィンドウの全面表示(Bring to front)を選んでも何もウィンドウを持っていないというメッセージが出る。(以下)。つまり 64ビット版がウィンドウを持っていることになる。(きちんと64ビット版が動作している)。
2016-11-19_234417.png

ただし、今回のが「誤同梱」とも言いにくいのは、上記の理由の通り、自動展開先はTEMPディレクトリーなので 間違えてリリース用フォルダに入り込むことがあり得ない。

最近の ProcessExplorer(procexp.exe)は何で、64Bitイメージ(procexp64.exe)を Temp フォルダーに配置するようになったのだろうか?: NN Space BLOG-NN空間ブログ

これが誤同梱ならば、すぐにこっそりと Sysinternals suite(zip) だけ更新されるでしょう。
これ(自動更新チェック通知(ブログ記事自動投稿))の仕組みはそれを見逃さないため(だけ)にVPSを借りて構築した。

他のexeがx64版を別ファイルで同梱しているのに合わせてきたのかもしれないな、とも思った。

-----------------------------------------------------------
Sysinternals suite(zip) may be updated.

Current Timestamp
2016-11-18 08:34:52.000000000 +0900 ,22239558 bytes
Before Timestamp
2016-08-31 12:42:13.000000000 +0900 ,21213581 bytes

Check Official web site !
Directe Link (SysinternalsSuite.zip)
Search Old Posts of this Blog.

Process Explorer の exe コレクションもかれこれ14年分を超えたわけで、感無量である。あほかと。
古いWindowsサーバーだと最新のが動かないこともあるから、特定バージョンをキープしておくと保守で役立つ。
posted by NN Masteroo at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tools-Sysinternals
・おすすめ楽天ショップ1
   trendyimpact楽天市場店

・おすすめ楽天ショップ2
   上海問屋
Powered by さくらのブログ