2006年01月31日

IBM UDB DB2 選択行の制限

SQL Serverでは
Set rowcount N
とすることによってそれ以降の影響のある行数をN行にすることができる。
Selectならよいが、Update,Deleteなどもその制限の対象になったと思う

DB2 でも同様に結果行を制限してパフォーマンスアップしたい場合があるが、なかなかよいDB2関連のBlogを発見。

DB2でMYSQLのLIMITを実現するには
つまりクエリの最後に FETCH FIRST n ROWS ONLY と付け加えるだけ。さらに WITH UR とつけてもよい。
勉強になりました。

###追記###
SQL Serverでは
Set rowcount N
とすることによってSelect, Update, Deleteの行数もN行に制限されます。
N件のレコード(どのレコードになるかは条件次第)を更新してテストしてみるなど簡単に行えます。

元に戻す場合は
set rowcount 0
です。

これは、クエリアナライザや、ストアドプロシージャなどで記述できます。

うまく言えないんだけれど

何かこう偉い人の言葉とか、○○統計とかを見ていると、とても信じられないことが書いてあったりする。

「偉い人の言葉だから」「統計だから」それだけの理由で簡単に信じたり、行動をかえるきっかけになったりする。

特に信じやすい、行動を変えさせやすい言葉には、人間の欲望に素直に忠実になるといいことが在るよと言っているものがあると思う。
なかなか行動に踏み切れない人が「日本人の80%が実は▲▲▲だったのか、私はそうじゃないと思って手を出せなかったけど、実は結構たくさんの人が▲▲▲なんだな」と、その情報が自分にとっての利益になれば、情報の真偽は二の次になってしまう。

そして、▲▲▲の人を増やすことがその情報ソースの提供元の目的であり己の利益にもつながる場合これは意外にうまくいく。

しかし、事実を確認しようとやっきになっても 捏造データの山に紛れ込んでしまい、いまさら本当のことは分からなくなってしまっている。


@2006/01/31 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感&戯言

再インストールX回目

再インストの前にこれをバックアップしろ!! - windows


私の場合は、OSを再インストールする際、元の環境のパーティションをしばらく手付かず状態で残しておきます。新しくインストールするOSは別のパーティションへインストールします。

そうすれば、必要だったデータは 新OS稼働中にいつでも取り出すことが可能ですから。

レジストリに関してはこれ
My Registry Backup & SetTime
バックアップスクリプトをWindowsの起動時(ログイン時)に走らせればレジストリの履歴が毎回ばっちり残せる。

2006年01月29日

山登り

なんとなく無性にドライブ&山登りしたくなったのでいってきた。

東海地方のへんぴな山奥です。

↓ここが天辺かと思ったらこの先にさらに険しい道のりがあって愕然。
YamaNobori_K20060129_221711.jpg

心臓がバクバクいいながら汗が滝のように流れた。40分コースを25分で登りきったせいだろうか。否、私の体力不足である。
座ってばかりじゃ体が鈍るですよ。


@2006/01/29 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・衛生

バルクメモリは保障期間が短い

メモリのエラーをテストしようと思ったのだが、そもそもこのメモリをチェックするためにPCを起動させることができなかったのだ。残念。

そして、このメモリをショップへ持っていき事情を説明した。
メモリが原因なのはほぼ間違いがないそうだ。
それなら交換してもらえると思ったのだが、バルクメモリは保障期間が10日間(ショップに依る)と非常に短いということを知った。

こんなことなら 5年保証とか 永久保証がついているメモリを買ったほうがよかった。後々の価値を考えれば高い買い物にはならないだろうに、とほほ。


そしてこの恨み(?)を晴らすためにいろいろ考えた結果。
別のショップへ行きお買い物をすることにした。
なかなかきっかけがないと買えないもの。そしてず〜っとほしかったもの。

Athlon64 X2 3800+ を購入。
これでやっと念願の 64BIT & デュアルコア達成。
マザーボードは Asus A8N SLI Premium。
グラフィックは RX1300LE-E2HS

Athlon 2500+(1830Mhz)と比べると
実クロック(X2 3800+ の実クロックは 2000MHz)が170Mhzしか違わないのでどうかと思ったけれどもさすがデュアルコア、以前とは比較にならないほどの快適さだ。
買ってよかった。
特に不具合はないし。以前よりも 扱いやすいマザーボードだし。

2006年01月27日

生きている方のメモリを緊急テスト

不調の原因はメモリ
で、紹介した memtest86+ を使ってメモリをテスト。

3枚のメモリのうち1枚(1GB)がお釈迦になったので、残り2枚の調子を先に調べることにした。(1GB+512MB)
普通はメモリ1枚ずつチェックするのが良いが、今回は大体大ジョブだろうということで2枚挿でチェック。

Memtest86+の起動FDを作成してPCを電源OFF。
長時間 ハードディスクを使わないことがわかっているので HDD の電源ケーブルを引っこ抜いてからね。
そしてPCの再起動。

自動的にメモリチェックが始まる
開始から35分後。
MEMTEST86+35min20060127_231.jpg

で、一晩寝る。

朝起きて 8時間経過
MEMTEST86+8H43min20060127_2.jpg


会社に行って帰ってくる、20時間経過
MEMTEST86+20H44min20060127_.jpg

22回Passして エラー0件なのでとりあえず安心でしょう。
このままにしておくと延々とチェックを続けるので 電源OFF.
このときCPUを触ってみたがぜんぜん発熱していない。メモリテスト中のCPU負荷は低いのだろうか。

今日の夜はエラーの出たメモリをチェックだ。



加湿器調達完了

KASHITU_Machine20060127_231.jpg

手前から、CD,加湿器、New PCケース。
想像していたよりもコンパクトで、部品点数も少なくメンテナンスが容易に思われる。

エアコンを動作させながら 加湿器を稼働。室温17.3度 で 湿度 50% をキープ。普段であれば 湿度は30%前半だったので、加湿器の併用はかなり効果的だ。
ドクターQ&A 寒い季節の風邪対策

スチームタイプだからしょうがないのかもしれないが、ゴポゴポ、ブクブク音がする。まあ致し方ないか。愛着がわいてこようというもの。



とりあえず第一印象は満足。
ちなみに部屋は 6畳程度です。

加湿器の水タンクは2リットル、一時間あたり250mlを消費する。ワット数は150W. 30Wのはんだごてを5本用意して、水につければ加湿器の完成というわけには行かない。


@2006/01/27 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・衛生

2006年01月26日

Sleipnir 2.30正式版リリースさる

タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)

しかし、個人的には未だに 1.66のままで乗り換える気がおこらない。

・Sleipnir Bookmark Search を実装した。
→便利かもしれないが特に使わない

・フォルダの色を変更できるようにした。
→便利かもしれないが今まで必要としなかったので不要

初回起動時にスタイル、設定の保存先を選択できるようにした。
→特に必要性を感じない

メモリ使用量を削減した。
→IEをそのまま使うのと比べたら十分少ない

速度改善を行った。
→十分速い

お気に入り関係の機能を強化した。
→何が強化されたのだろうか?(知らないので・・・・)

初回起動時に言語を自動で選択するようにした。(日本語、英語、中国語に対応しています。)
→日本語だけあれば私は十分



私は以下のバージョンアップの更新点がでたらすぐに Sleipnirを最新版にするのだが
・ Version 1.66 相当の機能を実装しました

それまでは1.66を使い続けるつもり。たぶん。

不調の原因はメモリ

いろいろパーツを取り外し

PC再起動して確認

を繰り返した結果、メモリを外したときにOSがきちんと起動しました。

ということは、メモリが原因!!

原因が突き止められたところで今度は逆に、3枚刺さっているメモリを一枚ずつ差し込んでそれぞれ確かめてみると。
やはり特定の一枚のメモリを刺したときにだけ OSが起動しないまたは、起動はするがすぐに ブルースクリーンエラーがでる。ということがわかった。
OS_BLUESCREEN_20060126_2221.jpg

つまりそのメモリはお亡くなりになったと結論。
買って半年もたっていないので、保証期間内だろうか。週末ショップに持って行こう。わざわざ ’高信頼性のSAMSUMG’チップを選んだのに。

SAMSUNG_ERROR20060126_22224.jpg



こうなると、残りのメモリも確実に動作するかチェックしたくなる。
Memtest86+ - Google 検索そんなときにはこれ、Memtest86+ である。

Windowsのいらない環境で隅々までメモリチェックをしてくれる。

今日の夜はず〜っと、このチェックを流して寝よう。

2006年01月25日

WindowsXP再起不能

WindowsXP再起不能、そして、WindowsXP Install CD-ROMも読み込み途中でリセットがかかるようになった。

これは、つまり。
マザーボードが壊れたのでしょうか?

タイミング的にケースを買った時期と起動不能な時期が少々オーバーラップするのですが、関係ないことを祈る。
少々以前から、Marvell Gigabit Ethernet アダプタがまれに認識されないトラブルもあったし、ケースは関係ないと思う、正直言って。

そして、ケースを換えて数日前より、電源OFFしたにもかかわらず HDDのアクセスランプが付きっぱなし&CD-Rドライブのランプも付きっぱなし。(電源OFF状態なのに)。という状態があったのでした。
そうなってしまうと、電源スイッチを押しても電源が入らず、一階電源をマザーボードから引き抜き、リセットしてつなぎなおして初めて電源が正常に使えるようになります。

そういえば、WindowsXP Install CD-ROMでOSインストールを試みたときにも ’NTFS 何たら・・・・’というメッセージで必ずリセットがかかるので特定のデバイスに問題があるのは間違いなさそうな感じがしています。やはり、ネットワークカードだろうか。ここを重点的に調べてみよう。


で、なぜに今、ブログの更新ができるかというと 家族共用のPCに、私のメインマシンのハードディスクをつないで、メールの送受信、Webサイト巡回を行っております。
やっぱりトラブル時のためにPCは2台以上必要だとしみじみ感じました。

2006年01月24日

手作業では追いつかない

もうどうにも目が乾いてしょうがないので、加湿器を買うことにした。
Electrolux スチーム式アロマ加湿器 EHF001

500mlペットボトルの簡易式も購入を検討したが、2〜3時間で 500mlを消費してしまうことを考えると 8時間程度持つ 2000cc 式の方が便利だろうという判断。

濡れタオルを掛けたり、霧吹きをするだけでは1時間に 100cc も供給できないと思われる。文明の利器登場を要請する。
@2006/01/24 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・衛生

2006年01月23日

能力開発ネタ

瞬間数字記憶で右脳を鍛える〜天才あいちゃんに負けるな!〜ウノーくんのウノー開発

瞬間数字記憶。
知人の話によると 能力トレーニングソフトにはこれと似たような類のゲームがあるらしい。
パソコンでもできるじゃん。がんばろう。

ちなみに私は アイちゃんと同じレベルだった。

月並みで申し訳ありませんが

Nintendo DS が欲しい。
ソフトは当然 脳トレーニング。

会社(?!)の休み時間はDS脳トレーニングの話題で持ちきり。ここは学校かと。
@2006/01/23 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲コーナー

デバイスマネージャのツリー表示もテキストでコピー

ExtractTextフリーソフト置き場

デバイスマネージャのツリー表示のコピーがきちんとできるソフトは少ない。このソフトはそれが可能であり、おすすめできるソフトです。

マウスで選択することのできない文字列や、右クリックメニューの出てこない文字列がコピーできる’かも’しれないソフトです。(ソフトが内部的に文字列で扱っていないと無理。OCRの類では無いです)。

こんな感じですばらしく感動的にコピーされます。
ExtractText_DeviceManagerCopyImg.png

###得手・不得手があるようで###
こちらのソフトも結構イケますが、若干不安定(Explorer.exeを落とす場合がある)です。
NNScanTextfukehara.com


20080219_214315
ExtractTextが改名
ExposeTextフリーソフト置き場

Yamahaのテクノロジー復活

(DVR-UN16L 特長一覧)

YamahaがCDRドライブ事業を撤退したときの最終ドライブのF1 YAMAHA: CD-R/RW Official Web Site に搭載されていた DiskT@2 機能を知っているでしょうか。これはCD-Rのメディアの記録面(青色だったり、金色だったり、薄緑色だったりの部分)に絵が描けるという代物です。ずいぶん昔の話ですね。
当時、私はYamahaがCDRドライブ事業を撤退すると聞いたその日に、パソコンショップにある F1ドライブの在庫を買いに自転車で30分走った覚えがあります。ああ、懐かしい。

そして、そのDiskT@2機能を思い起こさせるような Yamaha直伝の 技術が富士写真フイルムの協力も相まって(おそらく、ラベル面の材質の開発に携わったのでしょう)、Labelflash 機能として復活です。

Labelflashでは、メディアの記録面では無くて、ラベル面に絵が描けるそうです。しかもプリンタを必要とせずに、 DVR-UN16L 一台でできてしまいます。ただし、ラベル面に記録可能なのは対応メディアだけだそうです。記録面にも書けるのかな?
これに Audio Master テクノロジーも搭載してくれれば最高だったのだが。

Audio Masterに関しては Plextor の GigaREC 機能を使えば似たようなことが可能なため DVR-UN16L のメリットは ラベル面印刷可能な点でしょうか。
@2006/01/23 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書と備忘録

PCパーツ移植完了。CBX01BKNP へ

やっぱり大きなケースは良いな〜と再認識。
大きくなったと言っても、ミドルタワーと、フルタワーケースの違いしかないので
縦10cm、奥行き10cm位の違い。
並べてみるとこんな感じ
PC_Case_BeforeAfter.jpg


ケースが大きくなったことのメリットを堪能すべく、いろいろパーツを買い足してしまったので組み立てには少々時間がかかってしまった。

現在のPCの姿はこんな感じ。
RAIDEN_20060122_230611.jpg

組み立てていていろいろ思った。いいところもあれば、不満なところもあるな〜と。次回ケースを買うときの参考・教訓になった。

まずは良いところ。

・でかい
何はともあれ、サイズが大きなケースが欲しかったのです。その点においては満足です。ケーブルの取り回しがし易い。エアフローも強力に確保できる。

・高剛性、しかも重い
重さは16.5kgと腰が痛くなったほどです。正直言って重すぎます。しかし、防振性能は向上します。重いケースですが、たわまないので動かしやすいです。

・デバイスを多数接続できる
ベイ数:5.25”× 6(最大10)、3.5” ×1、3.5” (シャドウ)×4 の多さ!
前面パネルを見ると 5.25インチ(以下5インチとする)デバイスが10個入るように見えますが、実際は 下から3つは 3.5インチHDDのシャドウベイが控えているので上から7段が5インチデバイスではないでしょうか。シャドウベイを外して、3.5インチ用のマウンターを使わないようにすると最大10個の5インチデバイスの接続が可能。

・電磁波対策
強固なケースはそれだけでPC内部から発する有害な電磁波をシャットアウト(たぶん)。空きベイには金属プレートをつけるべし、などという丁寧な注意書きまであるので本当だろう。

・電源の取り付けが簡単
あくまで今まで使っていたケースとの比較になりますが、電源のねじ止めの際に電源の位置が固定されるレールの上に置くことができるので非常にうれしい限りです。
電源とCPUの間隔も今までよりも5cmほど広がり、手入れが楽になった。


・ATX,BTX両規格に対応
現在はATXとして使っているのですが、将来性があるのは良いと思います。
正直言って、このケースはATXマザーとして生涯使っていくつもりなのでATX専用設計にしていただいても良かったかもとは思うけど。


ちょっと不満なところ

・簡単な組み立て機能が不要だ
ここまで重厚な製品を作っておいて、パーツの組み付けがしっかりできないのは非常にマイナス点。

PCIデバイスを取り付けする際の「ワンタッチでロックする、ツールフリーメカニズムのカードホルダー」ワンタッチの簡単さは認めますが、ケースに密着しないのでぐらついています。このツールフリーメカニズムはPCケースにアドオンされているだけなので、速攻で取り払いました。ねじ止めのできるねじ穴が確保されていたので、この点ではOKです。以下のような感じ
RAIDEN_PCI_EASYLOCK.jpg RAIDEN_PCI_SCREWLOCK.jpg

だがしかし、悲しいかな5インチデバイスの取り付けは専用のガイドレールをデバイスの両脇に取り付けてケースにパチンと言うまで押し込むという選択肢しか無い。しかもこの取り付けがかなり甘くて、横方向に少し動く、上下にはカタカタ動く、前後には少々動く。くそ〜、ねじ止めがしたいぞ。しかもこれだけ簡単取り付けを装っていながらも、デバイスを外すときには結局両側のPCケースカバーを取り外し、ロックレバーを解除しなければならない。中途半端すぎる。

同様にハードディスクもシャドウベイにしまう場合は専用のガイドレールをつけて装着する。これがプラスチック製なのだ。ということは、PCケースにねじ止めしたときのように熱を逃がしてやることができない。シャドウベイにはHDDが縦置きされるので、すみやかに熱が上に逃げていくような気がするがそれでもやっぱりパーツはきちんと固定したいという要望はことごとく否定された気がします。


・説明書に解説されていない部品がある
付属パーツが揃っているかも確認できないじゃん。
いったいどこに使えばよいのか? BTX用なのか? BTX向けの説明は読んでないからなぁ。
さらにケース背面にも意味不明なスイッチがあるし。


・結束クリップの取り付け位置が説明書に書いていない
ケースを見てもよくわかりません。

・3.5インチデバイス用マウンターのネジ穴位置の精度が悪い
フロッピーディスクのねじ穴位置と少々ずれていたため、思い切りねじ込んでやっとネジ止めできました。もう少しマージンを広く取っていただけませんか。

・Webでの解説が間違っている
USBx2と書いてありますが、実際写真を見てもわかるとおり 4つつなげるようになっています。


改善を希望する点
・パーツはすべて確実に取り付けられるように
ネジ止めを希望します。
簡単機構を採用しても良いですが確実に取り付けられるように。
不満な時にはそれを無効にできるように回避策をつけてください。PCIスロットの固定具は取り外せたので良かったです。

・USBx4なのは良いけれど、
すべて独立の4本ケーブルは勘弁してください。どうあがいてもマザーボードには2本分の内部コネクタしかありません。あとはケース背面ポートから引っ張ってくるしか無いじゃないか。マザーボードは A7N8X-E Deluxe
これが不便だと思っているのは私だけですか。1本のケーブルでマザーボードにつなげるハブが良かったです。もしくは現状のケーブルを1本に収束接続できる電気回路を添付していただけるとうれしい。USBx4をフルに使える人は少ないのでは。(たとえば今までUSB4つ使えていた人はそれをすべてこちらに引き回さないと前面ポートは使えないと思う)
まあ、USB増設カードをPCIに追加すれば良いのだけれども。


今回のケース購入の動機はサイズの拡大が主なものだっただけに、それ以外の以前のケースでの比較で不満に感じた部分はとくにがっかりしています。ネジ止め固定可能であったならば何も不満に思うところはありませんでした。良いところは良いだけに,改善していただけるとうれしいですね。さらにいえば改良品を私にモニターさせていただけるともっとうれしいですね。
もうちょっとで非常に良いケースになると思います。至高の一品という割にはツメが甘い印象。いや、いいケースなんですが。シグマさん怒らないでくださいね。

2006年01月19日

ケースが届いた

MypcAndRaiden.jpg

商品が届いたときに外箱を見たときには相当大きな印象だったが、今使っているPCと並べるとそんなに違わないね。
左が新ケース、右が現在のメインマシン。ていうかサブマシンが長いことありません状態。

5インチデバイスが最大10個入るというこのフルタワーケース。頼もしい。

電源スイッチ、USB,IEEE、オーディオ端子などが上にあるのも好印象。

週末は中身を総移植することにしよう。でも週末は研修があるのに、どうしよう。サボろうかな。

冬場の乾燥対策

エアコンをつけると湿度が10〜20%減少する。今は湿度30%の室温20度。

タオルを濡らして、ハンガーに掛け、エアコンの送風口につり下げる。
1〜2時間でタオルが乾いてしまうのでまたぬらす。

霧吹きで室内をしめらせる。消毒用アルコールと、アロマオイル(ペパーミント、ユーカリ)などを混ぜたものを霧吹きすると、空気もリフレッシュされる。

キリーポッター - Google 検索
を使うのもPC好きにはたまらない。
がしかし、持っていないので何とも言えない。
@2006/01/19 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・衛生

また冷えてきた

ここ数日、春先のような暖かさが続いていて、暖房も使う必要がなかったくらい(PCが熱源なので)ですが、今日あたりからまた冬の気候に戻りましたね。

北風ぴゅーぴゅー吹いています。

2006年01月18日

TestDisk

これは便利そう。
覚え書き。

【TestDisk】について

不用意に使ってみるのは危険ですのでご注意を。

@2006/01/18 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書と備忘録

HDD-RAID機能について考える

ストレージ ETERNUS > 用語解説 > RAID機能 > RAID機能とは : 富士通

まだ誰も考えていない(はず)だろうし、実用化の話も聞いたことがないのでここで独り言を呟いてみよう。

本来のRAIDの目的からはずれるかもしれないが、ハードディスク一台に相当するものをハードディスク内部のプラッタ(記録面)に置き換えてみよう。

すると、プラッタ2枚構成のHDDはハードディスク2台分と考えられる。すると
RAID0:それぞれのハードディスクへ分散してデータを書き込む
RAID1:それぞれのハードディスクへ同じデータを書き込む
が実現できるわけだ。

というかRAID0は詰まるところHDDプラッタ2枚構成の普通の姿である。
重要なのはRAID1だ。同一データを複数プラッタに書き込むことによって、セクターの読み取りエラーなどに十分対応できるのではないか。

250GBの HDDが125GBの容量になってしまう RAID1だが、それでもハードディスク一台でRAID1が実現できるメリットはあると思うのだが。

IBMさん、もとい日立さんおよび富士通さん考えてみてはくれませんか。

RAID0と1の機能切り替えは ジャンパーピンの差し替えで行うようにしていただけるとGOOD.
@2006/01/18 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Oracle DB を使ったアプリケーション開発者

OSqlGrid - Oracle用データエディタ

今はもうOracle使っていないのですが、Oracle付属のツールが重くて使えないので、こういうフリーのツールを開発に役立てたりしていました。

クエリを投げたりするだけならば、コマンドプロンプトからSQL実行で済みますが、テストデータの編集をしたいときなどはいちいちUpdate文を構築するのがつらかったりします。

このOsqlGridを使えば、表形式でテーブルを見ることができ、セルの直接編集でのレコード編集が可能なので非常に助かります。

IBM DB2 UDBの コントロールセンターもバグだらけなので、こういったツールが欲しいところですが、誰か知りませんか?

普通に MS Access のODBC接続経由で簡単閲覧&編集ができるというのはよく知られているようでなかなか知られていない事実だったりします。
さすが データベースに「アクセス」するツールだけありますね。

2006年01月17日

PCケース 注文完了!CBX01BKNP

シグマA・P・Oシステム販売株式会社 - ATX/BTX スーパータワー PCケース  (CBX01)
NN Space-NN空間ブログ: 新しいPCケースが欲しい

てなわけで、はやる気持ちを週末まで抑えきれずに注文してしまいました。
注文は今日の21時頃したのですが、そのあとの入金口座でイーバンクが選べたため、すぐに入金しました。すると30分もしないうちに注文したお店から入金の確認メールが来ました。
UFJ銀行のオンライン入金ですらあり得ないほどのスピード。イーバンク、恐るべし。

明日発送かな。着くのは明後日かな。
@2006/01/17 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲コーナー

CD Kakumei Virtual

アーク情報システム プレスリリース

CD革命、Versionが4前後の頃にお世話になりました。CD-ROMドライブだとうるさかったり読み込みが遅かったりしたのがずいぶん快適になったのを覚えています。その辺のメリットは昔も今も享受できるところではありますが。

当時は無料のツールが見あたらなかったことから市販のツールにも需要がありましたが、今だと ISOイメージファイルを作って、DaemonToolsに読み込ませれば一丁上がり、ですからね。

All IN 1 のメリットが市販品にはありますが、その製品独自の形式で保存するためつぶしがきかなかったりしました。"プロテクトに対応"というからには独自形式の可能性大ですね。未来永劫そのソフトのサポートが必要になることに喜びを感じるならば、購入しても損はないと思います。


物理的な存在のCD/DVDはいつか壊れますから、ハードディスクに保存する。
そういう対策は必要だと思います。ハードディスクもいつか壊れますけど。
詰まるところ、大切なデータは常に2重保存、管理をしたほうがリスク分散になります。

ORBISデータベース For Panasonic Car Navigation system.

ORBIS DATA for Pana-Navi

パナソニック製のカーナビを持っている人はこのデータを使ってオービス地点登録をしておくと、うっかり ぬうわ km/h でオービスを通過してしまうなんてことは無くなる(減る)、かもしれません。

ちなみにこんなデータが無料で使えます。カンパウェアなので御利益を恩返ししたいかたは財布から少々(500円)寄付するのも良いかもしれません。
@2006/01/17 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | くるま・車

EmEditor Free Beta2

EmEditor Free v5.00 beta 2 を公開しました。

こちらのブログでつぶやいたせいでしょうか。Beta 2リリースになって 正規表現検索&置換 メソッドの利用が可能にされています。うれしいことです。

それならばプラグインも、限定的でも良いので使えるようにしていただきたいのですが。ぼそっと呟く。

プラグインを利用可能にしてしまうと、EmEditor本体でサポートされない機能も実装可能になってしまうだろうおそれがあるので敬遠しているのでは無いかと私は推測しています。
それでもプラグインが使えないEmEdiorなんてほとんど魅力を感じないので是非機能復活を望んでいます。
たとえば4個までのプラグインしか登録できないなどの量的制限を課しても良いですから是非。

そもそもアカデミック版の無料バージョンとしてFree版を構想しているらしいですが、あまりにも機能的な質的制限が多いと Free版だからといって使う動機に欠けます。他にも良いエディタで無料なものはたくさんありますし。

時代の流れかもしれないけれど、古いWindows環境の対応をバッサリと切り落としたことは結構ショックだ。秀丸が Windows95/98/Me/NT3.51/2000/XP をサポートしつつも結構軽快な動作をするのとは対照的。


というわけで、ほかにもおすすめな無料テキストエディタを紹介しましょう。

K2Editor - K2 Software's Page

MKEditor


その他
おすすめテキストエディタNN SPACE- お勧めソフトウェア -N×N空間

2006年01月16日

Removable Disk をRemoveする。

Version1.xx の時代にお世話になっていたものの、時代が変わりすっかり忘れていた(失礼)のですが、
REMI ver.2
Version2.xxになって再び使い始めることにしました。
いや〜、やっぱりこれ、便利ですよ。

CD/DVDのイジェクト、USBメモリ、コンパクトフラッシュ(CF),SDカードなどの取り外しが簡単に確実にできます。
(※マイコンピュータの、ドライブアイコンの右クリックで、"取り出し"メニューが有効に動作すること)

マイコンピューターを開いて、「どれだっけ・・・・・・、わからん。いったいどのリムーバブルディスクを取り出せばよいのだ!!!」といったことから解放されます。

WindowsXPだと、USBメモリやCFカードのFormat時につけたドライブ名を、マイコンピュータに表示してくれるのでまだまだ大丈夫ですが。

REMIを使えば、ドライブレターに関係なく「取り外し可能な」メディアを表示して選択できるので便利です。

しかもCD/DVDであればトレイを戻すこともできます。イジェクトボタンがトレイの陰に隠れて押しづらい時には重宝します。


常駐アプリがまた一つ、増えそうな予感。

2006年01月15日

12ヶ月点検、1週間過ぎて

ATの1→2速に入るときにシフトショックが大きかったのですが、12ヶ月点検時に 対策プログラムに更新してもらったおかげで CVTなみの滑らかさになりました(ウソ)。CVT並とはいえないものの、シフトチェンジの際に後から追突されたようなショックはもはやありません。

ガソリンを満タンにして、ついでに空気圧も入れてみようとしたところ全然空気が入っていきません。手持ちの空気圧計を取り出しタイヤの空気圧を測ってみると 前輪270kpa,後輪260kpaも入っているではありませんか。ディーラからは ちょっと高めの240kpaくらいで入れるといいですよと、1年ほど前に伺っていたはずなのでこれはたかすぎなのでは。

そう思って速攻でDに乗り込み話を伺うと、間違いではない旨の返事が返ってきた。ドア裏には 220kpaと書いてあるけれども、240kpaくらいが適正。でもって 260-270kpaにしておくと半年後には 40kpa位減少するので そのように空気圧を調節したとのこと。タイヤの片減りを防ぐためにもその方がよいらしい。規定よりも50kpa増やして入れても問題ないそうだ。

そしてFF車なので、前輪が圧力高めの調節にしてあるそうな。

いままで240kpaくらいが良いと思っていたが、実際この状況で運転していると一つ違ったことがわかった。それは段差を乗り越える際に 以前は 突き戻される印象だったのだが、今は乗り上げる印象の方が大きい。
おそらくタイヤが柔らかいとぶつかり戻される感じになり、堅いと乗り上げる印象に変わるのだろう。

###追記###
空気圧を高めにすることによって、タイヤの変形でショックを分散するのではなく、サスペンションがよく動くようになるための印象の違いだと思う。
そして私には後者のほうがより好ましく感じたのでした。

これからは 空気圧は 260kpa以上をキープすることにします。
@2006/01/15 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | くるま・車

新しいPCケースが欲しい

今使っているPCケースでは小さすぎる気がしてきた。(W20 x H43 x D46)
PCIスロットと3.5HDD シャドウベイとの間隔が短くて 電源ケーブルとか、SATAケーブルがぶつかってしまう。ということは奥行きDは50cm以上あった方がいい。

CPUと電源ファンの間隔が近いので CPUの取り付けがやりづらい。高さHはこれも50cm以上あった方がいい。

横幅についてはあまりこだわりがないけども、大型CPUクーラーなど取り付けた日にはふたが閉まらない可能性もある。横幅Wも20cm以上は必要だ。

ということで候補に挙がったのが、
シグマA・P・Oシステム販売株式会社 - ATX/BTX スーパータワー PCケース  (CBX01)
です。

オープンプラスで市場価格約、¥19800。
高い、でも欲しい。
@2006/01/15 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲コーナー

EmEditor 5.00 Free Beta公開される

EmEditor テキスト エディタ :: トピックを表示 - EmEditor Free v5.00 beta 1

愛用のテキストエディタEmEdiorの機能限定版、フリーウェアで登場(ただしベータ版)。

Professional 版をアンインストールして Free版を入れてみました。

EmEditor 特長: EmEditor Professional、Standard、Free の機能の違い
機能の違いは上記のようになっています。


・プラグイン
・正規表現検索
が使えない時点で私はアウトです。これがないと作業効率が非常に悪いのです。

ただし、普通のWindows標準メモ帳から乗り換えるのであれば、その高機能ぶりにはひたすら満足すること請け合いです。

しかし、すでに秀丸エディタを使っている方が、EmEditorへの乗り換えを検討するためにFree版を導入するのはEmEditorの評価を不当に低くするので使用期限付きですが有料版を試すのがおすすめです。

とりあえず メモ帳以外のテキストエディタをまだ使ったことがない人、 EmEditorを知らなかった人は、有料版のお試し期間を利用して使ってみて、期限切れが来たらFree版に入れ直してみると自分にとって必要な機能がなんなのか、Free版で十分なのかわかると思います。

EmEditor自体は非常におすすめのテキストエディタです。
@2006/01/15 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書と備忘録

2006年01月13日

ヤフオクでできるだけきれいな写真をUpする。

ヤフーオークションで商品を出品するときにはその商品の説明写真を公開します。

そのときに選べるのは
A. 標準画像をアップロード
B. 特大画像をアップロード
の二つ。

なるべく手数料などは安く抑えたいので Aを選んだときにできる最善策を考える。
まず、サイズの上限(500KB)を超えないこと。
試しに700kb(2526 x 1554)の画像ファイルを送信しようとするが以下のエラーがでる。
あなたはファイルサイズの上限(500KB)よりも大きなファイルをアップロードしようとしました。
ブラウザの「戻る」ボタンで前のページに戻り、別のファイルを選択してください。


今度は同じ画像を圧縮率を下げて329kbに落としてアップロードしてみる、今度はオッケーだ。
しかし、あれれ、画像サイズが37kb(600 x 370)になってしまっている。
どうやらサイズが500kb以下でも長さが600px 以下に勝手に縮小されるみたいだ。

つまりそのことを含めて考えると、ベストな画像はこんな感じかな、
・縦、横の長さをそれぞれ600px以下のサイズにする
・その上で画質を高くして500KBに近づける

これで一つ画像を作ってみた。
<600 x 564, 341KB>の画像。早速アップロード。
・・・よしよし、アップロード後も縦横の長さ、ファイルサイズ変わらず。
う〜ん、満足。

でも、画像ファイルサイズはあまり大きくするとブラウザでの表示が遅くなってしまうので、画質とサイズのバランスは圧縮率(画質)を変えながら調節する必要があるかも。
@2006/01/13 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

お金に関する小技

なんかイーバンクがおもしろいことを始めた。

他の金融機関からの振込を受け取るだけで得をする、新プログラムを開始 イーバンク銀行

オークションなどで振り込み口座に使ってもらい、一月に2回以上振り込みがあればお金がもらえる。なかなかうれしいじゃないか。


@2006/01/13 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月12日

Microsoft Passportにログイン 〜 MSDNサブスクライバ

MSDN サブスクライバ ダウンロード
にてログインするときにいつも「メールアドレスとパスワードを保存」にチェックを入れているのにもかかわらず毎回パスワードの入力を求められてうんざりしていたが


Passport Network のサイト にサインイン
こちらのサイトからメールアドレスとパスワードを保存してログインしておけばMSDNサブスクライバのログインは自動化されているような気がする今現在。

デュアルコア気分で Athlon XP 2500+を使う

BES バトルエンコーダーシラセ
プロセスごとのCPU負荷率を制限。重い作業をしながら他の作業を軽快にしたり、 CPU過熱時に緊急冷却したり、見られたくないウィンドウを不可視にできるGPLフリーソフトウェア。


CPUをがんがん使うアプリケーションを裏で動かしながら、普通のソフトを使って作業をしたいときがあります。

CPU使用率がなぜか100%近くなってしまうアプリケーションを動かしながら作業したい場合があります。

どんなに高性能のCPUを搭載していても、無駄にCPU100%状態に持ち込むアプリケーションがあります。

そんなとき、それらCPU使用率を食いつぶすアプリケーションに対して、「あなたには最高60%のCPU使用率しかあげません、40%は他のアプリケーションに回しなさい」という命令ができます。それがBESです。BSEじゃありませんのでご注意を。


高性能の3Dゲームでもないのに、CPU使用率が100%になるゲームがありますが、BESを使えばCPU使用率10%に抑えることも可能です。PentiumII 266Mhzで十分遊べるゲームであれば、Athlon2500+の CPU能力の10分の1でまかなえる計算ですね。

PCを複数持っていれば、重たい処理は別のPCで行うことが可能ですが、1台のPCで重たい処理をさせつつ、通常の処理がもたつかないようにするにはうってつけの BES です。
いつかはデュアルコアCPU搭載マシンを買うと心に決めつつも BES のおかげで Atlon2500+ でも十分いけるじゃん〜、という気分です。

Norton Antivirus 2004 (NAV) でウィルススキャン中は非常にシステムのレスポンスが悪いのですが、 BES で NAVのCPU使用率を絞れば快適なPC操作感が戻ります。CPU使用率を制限した分だけ、ウィルススキャンの終了時間は延び延びになりますが、その代償として快適な操作性を手に入れることができるわけです。



20101123_222654 :バトルつながりでLINK
『バトル・ロワイアル3D』 凶悪さ10割増でグレードアップして帰ってきたゼロサム・ゲーム! (2010/日本 R15+ 監督:深作欣二 監修:深作健太 原作:高見広春『バトル・ロワイアル』) - 1953ColdSummer真のデュアルコアCPU を買ってしまいました。
@2006/01/12 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows TIPS

2006年01月11日

インテル入ってるMac

ITmedia +D LifeStyle:「4倍速い」MacBook Proと「2倍速い」iMacがIntel Core Duo搭載で登場

Mac欲しいと常々思っていたのですが、買い時を待っている現在。そろそろだと思います。しかし、初のIntelチップセットよりはもう少し落ち着くのを待った方がよいかなと思う。どうせ廉価(ダウングレード)版が出るだろうし。
従来より、2倍、4倍高速なのであれば、今までと同じスペックでリリースされればずいぶん値段を抑えられるのでは。おそらく15万円前後で。 と思ってみたり。
@2006/01/11 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲コーナー

2006年01月09日

右クリックメニューは右クリックで選択できる

今まで知らなかった。・・・・

右クリックメニュー→左クリック選択
 よりも
右クリックメニュー→右クリック選択
 の方が若干操作が早いことに気がついた。

しかしこれまでの習慣を矯正するのは難しいな。


ついでに言うと 右クリックでドラッグ&ドロップすると「ここにコピー(C) 」とかのメニューが出てくるので左クリックでドラッグ&ドロップしたときのように、強制的にファイルコピーなどが始まらないで操作が選べるところもなかなか良い。

###どんなアプリでもっていうわけではなく###
右クリックメニューを右クリックで選択できるアプリもあれば、できないアプリもある。
試してみて損はない。
@2006/01/09 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows TIPS

2006年01月08日

重要な更新をインストールしてコンピューターの電源を切る

Shutdown_PatchApply

いつのまにこんなことができるようになったのだろう。
これは歓迎すべき進歩だとおもう。しかし、重要な更新をインストールしてコンピューターの電源を切るだけでなく、再起動もできた方がうれしいと思うのは私だけではないはず。
それとも再起動時には問答無用でパッチを適用するのかな。 >> 続きを読む >>
@2006/01/08 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書と備忘録

Webサイトを開くとやたらとエラーがでるようになった。

BrouserRuntimeErr
ランタイムエラーが発生しました。
デバッグしますか?
行:68
エラー:';'がありません。

こんなエラーがでたとしても、我々閲覧者にとっては基本的に無用の情報なはず。このエラーをでないように解決するのは、Webサイトの設計・開発者の仕事である。

今回のWindowsUpdate直後からどうやら挙動がおかしいのでMicrosoftの修正プログラムが一役買っている可能性もあるだろうが、ふつうの人にとってみればそもそもこのエラー表示は不要。煩わしいだけ。

というわけで、
インターネットオプションの詳細設定の以下2点においてチェックをしておけばエラー表示ダイアログは抑制できる

・スクリプトのデバッグを使用しない(InternetExplorer)
・スクリプトのデバッグを使用しない(その他)


InternetOption_Details.png


###追記###
基本的に WebのランタイムエラーはWEB開発者の責任で直さなければいけないものではありますが、ユーザー側でも対処可能な部分がまだありました。

それは
・ブラウザのキャッシュをクリアする
です。
Webスクリプトが自分のPCの中にキャッシュ(一時保存)されていると、Web開発者の本来意図するものではないプログラムが実行される場合があるようです。

エラーの解消の選択肢の一つとしてやってみる価値はありそうです。
(ブロードバンドの昨今、キャッシュ無に設定するのも一つの手ですね)

run as service

Javaアプリケーションをログオフ中も実行させ続けるには − @IT
Javaだとまた違ったところに気を遣わないといけないのですね。というわけでメモ。


ちなみにふつうのWindowsプログラムをサービスとして実行するには sexe というツールがあります。

お金に関する知識



私、理系の出なのであまり経済学に詳しくないのですがそろそろお金について勉強始めたいと思います。これからの人生で損をしないためにも。

2006年01月07日

ページファイル使用量を知るWSHスクリプト

GetPageFileUsage.vbs

上記スクリプトファイルを実行すると以下のようにページファイル使用量が確認できます。
ページファイルサイズを現在の最大使用量以上の最小値に設定しておけば最適なPFサイズを設定できます。また、物理メモリ増設の目安にもなります。

PF使用量チェックVBSタ行ダイアログ.png


コマンドプロンプトからも実行が可能です。
その場合は [cscript GetPageFileUsage.vbs ]です。


cscript GetPageFileUsage.vbs
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.6
Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.

基本予約サイズ:2559
現在使用量  :68
詳細     :X:\pagefile.sys
導入日時   :20060101194821.984375+540
名前     :X:\pagefile.sys
最大使用量  :88
---------*---------*---------*---------*---------*

DMA有効にするのを忘れていた

Windows98の時代であれば、OS再インストール直後に真っ先にDMA有効設定をしていたのだが、Windows2000,XPになってからは比較的自動的に DMA有効になる傾向があったので忘れてしまっていた。

そういえば最近 DVD-Rからのファイルコピーとか、DVD+R焼きしているときに妙にOSの挙動が遅かった(まれにフリーズした)のだがまさか設定忘れているとは。ハードウェア割り込みが90%を超えたりしていたので異常であることは察知していたのに、DMA設定を見落としていたのでした。

PIO_DMA設定画面20060107_183306.png

デバイスマネージャ > プライマリ/セカンダリ IDEチャンネル > 転送モード
上記設定をDMAにすればよい。場合によっては再起動が必要かもしれない。

WinCDR8.0をインストール

WINCDR80Toiawase.png

WinCDRとはYamahaの CRW-6416Sを購入したときの4.0からのおつきあいだが、最近はB'sRecorderが常用ライタアプリになってきている。
CD規格に沿ったいろいろな種類のCDを焼けるのが魅力なWinCDRだが、DVDも出てきた今となってはあまり特殊用途にこだわる焼きを行わないため、何も考えずに焼けるB'sRecorderが使いやすい。

しかし、WinCDRは高機能であるので捨てがたい。そして今回OSの再インストールによりWinCDRも再インストールとなったわけだが、上記のエラーがでてしまった。現在物理メモリ2.5GB、空き領域2GB なのにどうして?

こういったエラーメッセージではもっと具体性のある内容の方がエラーの内容を推測しやすいと思われる。現在XXX MBのメモリーであり、あとYYY MB足りないために問題がある。とか。そうでなければいったいどこのメモリー領域を調べているのかでさえ不明確なままである。
今回は当然仮想メモリーは設定してある。Photoshop起動の件もあるので。

しかし、WinCDRはよいソフトだ。そうそう。思い出した。。。。。。

PREタグに戻してみた

Consoleアプリの挙動がOSで異なる?
の記事のソースコード周りのタグをPREに戻してみた。

さくらインターネットに問題を問い合わせたところ以下の返答がすぐに届いた。



----- 
弊社のサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

さくらのブログにてPREタグの使用については特に問題はございません。
しかしながら、PREタグを記事に挿入すると用いた場所の自動改行が無効化
してしまいます。そのため、テンプレートが持っている記事テーブルの横幅
を越えてしまいますと、サイドバーが下に崩れてしまう現象が発生いたします。

テンプレートによって記事テーブルの横幅の値は異なりますので、PREタグを
用いる際は適度な長さで改行していただくよう、よろしくお願いいたします。

 ご不明な点やご質問等ございましたら、本メール返信にてお問い合わせ
ください。

 今後ともさくらインターネットをよろしくお願い致します。


ということらしい。
該当記事に適切に改行を入れてみたところ、レイアウト崩れは防止できた。

2006年01月04日

PREタグ禁止?

PREタグで一部の記事を囲ったところ、ブログ全体のレイアウトが崩れてしまった。

しょうがないので、PREタグ使用禁止を自分ルールとする。代替方法を模索中。

どんなレイアウトになるのかというと
さくらのブログレイアウト変.png
こんな感じである。(縦長のファイルなので注意)

ソースコードの部分をPREで囲った結果こうなった。

※画像のリンクをクリックして、縦長画像じゃない場合はアドレスを直打ちしてみてください。

Consoleアプリの挙動がOSで異なる?


Module Module1

Const backString As String = _
vbBack & vbBack & vbBack & vbBack
Sub Main()

Dim tim As New Timers.Timer
AddHandler tim.Elapsed, AddressOf Timer_tick

tim.Interval = 200
tim.Start()

For i As Integer = 0 To 10
Console.Write(backString)
Console.WriteLine(DateTime.Now)
System.Threading.Thread.Sleep(1000)
Next

End Sub


Private Sub Timer_tick(ByVal sender As Object _
, ByVal e As System.Timers.ElapsedEventArgs)

Static count As Integer = 0

count += 1
Console.Write(backString)
Select Case count Mod 3
Case 2
Console.Write("*")
Case 1
Console.Write("-")
Case 0
Console.Write("/")
End Select

End Sub

End Module


ConsoleTest001.exe

上記のようなアプリを作ってVB2005EXにてコンパイル。たぶんFramework2.0環境で動作します。1.1の動作は未確認。

そして、このプログラムをWindows2000で実行して、画面をクリックすると表示が止まります。でも、内部でイベントが発生し続けているのでEnterおして処理を続行するとたまっていた文字が一気に書き出されます。
WindowsXPで実行すると、画面をクリックしても処理は止まることなく最後まで実行されます。
XPのような挙動をしてくれた方がバッチアプリケーションを作成する際にはうれしい仕様なのですが。Windows2000でクリックしても画面表示を止めないようにするにはどうしたらよいのでしょうね?

誰か教えてください。

リバーシ・オセロ

-鶯教-コンピュータ・リバーシ講座

白黒つけやすいこういうゲームが好きですね。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ