2006年08月27日

未知のEXEファイルの実行を制御・ブロックする〜System Safety Monitor (SSM)

ファイヤウォールはEXEの実行をブロックしたりはしません。あくまでネットワーク接続の出入り口を見張っているだけです。
(ただし、許可したEXEファイルの修正は検出することがあります。つまり、以前はネットワーク接続をXYZ.exeに許可したけど、この新しいXYZ.exeは許可してよいのか?と問いかけられます)

以前の記事:NN Space BLOG-NN空間ブログ: p2p時代の自衛的セキュリティ考察 に対するひとつの解決策です。

ですのでこのSSMを併用することで、いつの間にか知らないEXEが実行されることを防ぐことが可能です。新しいプログラム(EXE)を実行開始するときには問い合わせが出るのでそのときに怪しい状況に気がつくことが出来れば、未然にウィルスなどの実行をストップすることが出来ます。

新しいプログラムの実行があると次のように問い合わせがあります。
appActBlock20060827_223417.png

EXEの実行だけでなくて、DLLのロードに関しても細かく許可をもとめてきますので、最初は学習モードにして安全な環境を覚えさせておいてから実稼働環境で使用を始めるのがよさそうです。このSSMは最初から日本語設定を持っているので難なく導入できます。
コレを使えば要するに「フォルダのアイコンに偽装しているようなプログラム」をうっかりクリックしてしまってもいきなり実行されることなく、まずは「実行してもよいですか?」と一呼吸おけるために安全性が高まるということです。


解説:
System Safety Monitor Help JP

ダウンロード:
ダウンロード | System Safety Monitor 2.2.0.583 Beta -アプリケーション監視ソフト
本家:
System Safety - Home

SSMの使用は初めてだったのでここ一ヶ月以上はずーっとFree版を使い続けていますが問題なく使えています。これによる不具合も今のところ無いのでなかなかよさそうなツールだと思います。

石撮影

NN Space BLOG-NN空間ブログ: 衝動買い;石二つ のようにストロボ(フラッシュ)撮影するとどうしても目で見たようには写らないんです。
というわけで昼間に自然光の元撮影してみました。
(窓枠が写りこんでます)
Crystal20060827_02.jpg
Crystal20060827_220135.jpg

一枚目の写真を見るとルチルの線それ自体が2線ボケをしているように見える角度になっています。
本水晶の見分け方
(ここまで並行にルチルの線が入ることはないと思うので)
実際直線の上に当ててみると2重線に見える角度が在ります。

前回買っていた石達
4Fossiles20060827_220826.jpg
一番奥:アンモナイト(の灰皿)
左上:シトリンカルサイト
右:三葉虫(の化石)、古生代 カンブリア紀
左下:直角貝 オルソセラス 古生代 デボン紀
(石についていた説明書きより)

地層マップ

ファンフィルターの目詰まりをとったらHDD温度が2度低下

という掲題の通りの結果になりました。

それほど分厚く溜まっていわけでもなく、1〜2ヶ月の間に積もったホコリなのですが。

室温28.9度
湿度50%

なんとなくエアコン要らずの雰囲気。
(風邪気味でつける気にならないというのもひとつある)

以前の NN Space BLOG-NN空間ブログ: けっこうすごいホコリ 〜 埃 よりは少ないほうだったと記憶。

残念ながら、今回のビフォーの写真がとっていませんでした。
そしてさらに残念ながら、フィルタの掃除をした前後の温度グラフも採っていませんでした。SpeedFanを終了させてしまっていたので。

うっかりするとSpeedファンを閉じて(終了させて)しまうのですよね。
どうにかならないかなと思って設定を探したら、あった。
NN Space BLOG-NN空間ブログ: SpeedFan4.29の日本語化
言語設定のとなりに、「閉じるボタンで最小化」。コレだ。

やっぱり28mmだよなぁ。あゆは分かってるね

28mmはやっぱり欲しい(必要な画角だ)。
lumix FX07 DMCを楽天で検索(安い順)

DMC-FX07 | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

28mmという画角の良いところとか。
テクノロジー|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

実写サンプル
Actual Photo Gallery|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic


迎え撃つのがCanonのPowershot S80
キヤノン:PowerShot S80|実写サンプル

PowerShot S80を楽天で検索(安い順)
S80高いなぁ。その差はわずか数千円ですが。
発売時期を考えるとキャノンのほうが高値。しかし実写サンプルで比較すると緻密な部分の写りのよさも感じる。

スタイリッシュな FX07 に流れそうな気がする。ISO感度が最高3200というのも強みか。
微妙な差でCanonの方を私は選ぶかもしれない。このクラスでキャノンの新製品が出たらG5から買い換えるかもしれない。
@2006/08/27 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感&戯言

ランダム再生一考

NN Space BLOG-NN空間ブログ: 音がよくなったような気がするMeru

ランダム再生にもいろいろあるなぁと、最近はMeruの変わりにLilithで倍速再生しているのであります。

基本的にランダム再生というのは次に再生される曲が分からないという前提でコンピュータ的アルゴリズムでランダムに決定されます。

しかし、これがプレーヤーに実装されるときには開発者やユーザーの好みでどう在るべきかが変わってしまうのですね。
次に進む(>>)ボタンを押すときには大体似たような動作ですが、プレーヤーによって違いが大きいのが(<<)戻るほうの実装です。

KbMedia Player
では「未再生の曲だけ再生」という機能があり、これを有効にしていると、プレイリスト全曲を聴きたいが、番号順にとおして聞きたくないし、ランダムでも同じ曲を2度聴くのも嫌だというわがままな要望にこたえることが出来ます。すべての曲を聴き終わると(すべての曲を再生済みにすると)、再生済みフラグがリセットされてまた新たに始まります
KbMediaPlayerでは「前の曲、次の曲」という用語です。
この動作は<<戻るときにも、未再生の曲を探して再生します。直前の曲には戻りません。
進んでも、戻っても、未再生の曲を探しつつ再生する感じです。

つぎにMeru
InspiredWorkS
Meruのランダム再生は前回の記事で評価した感じ(印象)なのですが、<<戻るときには前回再生した曲に戻ります。Meruでは「前のクリップを開く、次のクリップを開く」という用語です。
次の曲は’未知’だけど、前の曲は’既知’ですよ、というランダム再生です。


次にLilith
-= Project9k =-
ヘルプを見ると
ランダム再生では、リスト中の全曲再生が終わるまでは、同じ曲は再生されません。と書いてあるので、KbMediaで未再生の曲だけ再生と同じですね。再生順は同じかどうか分かりませんが。

@2006/08/27 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感&戯言

コレはやばいな。:ビール1杯で顔真っ赤

Sankei Web 社会 ビール1杯で顔真っ赤 食道がん“危険度”8倍以上(08/26 08:26)

救いは毎日それほど飲まないことでしょうか。
@2006/08/27 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・衛生

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ