2015年11月30日

VPSを CentOS 6 から 7 にバージョンアップを決意したのでバックアップから

決意したのはいいがまずはファイルを全部バックアップすることにした。

以前は VPS内部に自己のディスクイメージを作成するモジュールを入れてバックアップしてみたのだがなんとなくいい感じがしない結果だったため、バックアップを中断。

今回は 老舗の Rsync コマンドを使ってみることにした。

結果的にはVPSから以下のコマンドを実行することでバックアップがうまく動き出した。
(IPアドレスは架空のものです)
rsync -av /home user1@151.373.338.212:/mnt/hgfs/SH1

バックアップは一晩かかりそうなので、以下にいくつか箇条書きでまとめておきます。

環境としては
・さくらのレンタルVPSから 自宅のPCの仮想マシン(CentOS7)にマウントした/mnt/hgfs/SH1 ディレクトリーへバックアップ
・/mnt/hgfs/SH1 は 仮想マシンのホストOSの物理ハードディスクのフォルダ を VmWareの フォルダマッピング機能を使って CentOS7にマウント(すごく簡単で助かる)
・仮想ゲストマシンに物理IPアドレスを設定
・ルーターのIPマスカレード設定で 自宅のグローバルIPのポート22番を開放し、CentOS7に向ける
・CentOS7は 今回のRsyncのために 新規でインストールして建てた
・QNAPにも Rsync できそうだったが、先日の段階で躓いたので確かめていない
・数日前から Rsyncにトライしていて、今日ここまで進んだのは Open Port Check Tool - Test Port Forwarding on Your Router を使って、きちんとポートがあいているかどうかを確認したから
・rsync -ave だとうまくいかなかった。
・先日までは 自宅側のサーバーとして Windows版の DeltaCopy - Rsync for Windows を使って 873番ポートを開けて 試みていたんだけどうまくいっていなかった。
・先日までの時点でいったん 接続先サーバーを覚えてしまっていたようで、今回のCentOSにつなぎかえるために Linux - SSH接続エラー回避方法:.ssh/known_hostsから特定のホストを削除する/削除しないで対処する3つの方法 - Qiita のコマンドを使った。
・リモートホストの前に USER@ で接続先ユーザー名を付けておいたほうがそれ以外の構文のミスに気づきやすいので最初からユーザー指定するほうがいい
・接続先ホストの後ろには :/mnt/hgfs/SH1 のようにバックアップ先ディレクトリを指定する。 バックアップ先サーバーの中で定義した バックアップセクション名称を設定するとこれも 不具合原因を分かりづらくするのでまずは実在するディレクトリを指定してテスト。
・接続元(VPS)の rsync は rsync version 3.0.6 protocol version 30
・接続先(自宅)のそれは rsync version 3.0.9 protocol version 30

・ルーターは2段構成 インターネット>NEC ルーター1>DMZ:Netgenesys ルーター2>VM[CentOS]
ポートを開放するのが面倒臭い。

top2015-11-30_232321.png
↑バックアップ中のプロセス
SSHとRSYNCで30%くらいVPS活動中。

top2-2015-11-30_232748.png
↑受け側(VM)のプロセス。一瞬CPU使用率の高いときにスクリーンショットしてしまったためこうなっているがその後は合計でも30%前後だった。

そうこうしているうちに17GB近くもコピーが進んでいた。インターネット経由なのに結構速いな。
sve-2015-11-30_233310.png

このままにして寝よう。

20151201_002537 寝る前に風呂入って、帰ってきたらバックアップ終わっていた。


sent 40942910646 bytes received 4486045 bytes 7716460.32 bytes/sec
total size is 41237612867 speedup is 1.01
rsync error: some files/attrs were not transferred (see previous errors) (code 23) at main.c(1039) [sender=3.0.6]


全部で40GBほど転送。 いつ終わったのか?よくわからないが、転送レートから逆算すると 5306秒 つまり
1時間と28分と26秒。

転送レートは7.35MB/秒。 今のご時世決して速いわけではないが、十分満足のいく結果となった。

よし、臨時でこしらえたこの 自宅用のCentOS7は rsync 受信用サーバーとして 今後も活用しよう。

今度こそ本当に寝ます。


ブログを始めてから10年が経過。

1週間が過ぎるのは早いものだ。

2015年11月23日

1週間後に当ブログは初回投稿から10年経過することになるわけだが

正直言って、あっという間の10年。
いや、長い10年だったと思う。

サイト運営とブログ記事投稿のためにさくらのブログ(有料)に金を払ってまで、続けてきた意味はなんだったのだろうか。いまだに答えがない。

さくらのVPSも今は単にSysinternalsSuite.zipの更新チェッカーするだけのコンピュータになっているし。

ほかのサイトの死活監視もついでに組み込んでやろうかしら。

@2015/11/23 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月22日

【正式版】7-zip 15.12 出てた

圧縮・解凍ソフト 7-Zip

ようやく正式版リリース。

どうしよう、これからしばらく 更新はないと思うけど。。
ここ一年,7-zip に動きがなかったなぁ: NN Space BLOG-NN空間ブログ

日課だからね、更新チェックは。

ここ数年逆に見ていないのは オンラインソフト更新情報:OnlineSoft VersionUp.info こちら。
昔はここに自作アプリの名前を載せたくて何か公開しようかと思っていたけど。結局人様に公開できるようなものはあまりなくて。(ここで公開すれば十分なレベルのものばかり)。


2015年11月20日

知らぬ間にガジェット廃止になっていた。。。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/gadgets

Windows7 でがジェット使えないなら、もう右クリックメニューから消してくれよ。

オンラインから追加のガジェット取得しようとしたら上記リンクで衝撃の事実がわかった。

gad2015-11-20_230647.png

future2015-11-20_230840.png

もうWindows7はどうでもいい感じなんだろうね。なんせもう3世代以上前だしね。

Windows7にてサイドバー・ガジェットを無効にするにはこちら
デスクトップ ガジェット

TurnOffSidebar_OFF.reg (設定オフ用レジストリ)
@2015/11/20 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月17日

4年前の物理マシンのスペックを仮想マシンが達成している。

http://nnspaces.sblo.jp/article/43970914.html
↑4年以上前のマイPCのスペック

↓最近作り直した仮想マシンのスペック
newWin72015-11-15_211027.png

普段仮想マシンをメイン環境とすると決意して、実行し続けて数年立つけどももはやスペックに不満がない。

今は引越し前の仮想マシンも立ち上げているがらくらく作業できる。

2015年11月15日

VmwarePlayer 12系列で新規仮想ゲストOSを作ることを決意

どうしてこうなってしまったのか、いろいろと環境を壊してしまったようなので Windows7を始めからインストールやり直しすることにしました。

VmWarePlayer12.0.1 をインストールした後、VmWareTools10 にアップグレードしたあたりから調子が悪くなり、デスクトップウィンドウマネージャが起動しなくなり、Themesサービスも起動せず、Aero表示ができない。: NN Space BLOG-NN空間ブログ

昨年は確定申告のために、電子署名を取り寄せて PCにいろいろ設定して 環境をしっかり作ったつもりだったのですが 壊れるときは一瞬ですね。
まあ、昨年までがその電子署名のやり方で、今年、来年と どんどん インターネットの確定申告の方法は変わっていくようだし 今年は今年のやり方でもいいじゃないですか!

とりあえず、VmWarePlayer12へ 新規ゲストマシンを作成して Windows7 (Sp1適用済み)を新規インストールし、VmWareTools 10 を適用しても問題なさそうなことはわかった。
しかもグラフィックの性能がかなりアップしていた。
newWin72015-11-15_211027.png

タグ:仕方ない
@2015/11/15 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows TIPS

VmWarePlayer12.0.1 をインストールした後、VmWareTools10 にアップグレードしたあたりから調子が悪くなり、デスクトップウィンドウマネージャが起動しなくなり、Themesサービスも起動せず、Aero表示ができない。

困った。

「システムの復元」も正常に動作していない状態になったので戻せない。

ng2015-11-15_005814.png

2015年11月14日

VmWare Player7.1.3 がリリースされていたので インストーラを探しに行ったらとても見つけずらかった。しかも VmWarePlayer12.0.1 も 入手できていったいどっち?ってなった

最近更新のあったもので以下2つの VmwarePlayerが入手可能です。

VMware-player-7.1.3-3206955.exe
VMware-player-12.0.1-3160714.exe

今までは 7.1.2 を使っていたので 7.1.3 にするのが順当なのですが 12.x 系列のほうに興味があったのでこちらに入れ替えてみました。
今までのVMDXはそのまま使えました。

VMware Workstation Player の FAQ: 仮想マシンの作成および実行 | VMware 日本

抜粋するとこんなことが書いてあります。

VMware Workstation Player について教えてください

VMware Workstation Player (旧称 Player Pro) はデスクトップ仮想化アプリケーションです。個人利用の場合は無償で提供されます。商用ライセンスを適用すると、Workstation Player を有効にして、VMware Workstation Pro および Fusion Pro で作成された制限付き仮想マシンを実行できます。

VMware Workstation Player は引き続き無償で提供されますか

VMware Workstation Player は、個人利用、および商用以外での利用の場合は無償で提供されます (企業または非営利組織での利用は商用利用に該当します)。仮想マシンについて学びたい方や、個人的に利用したい方は無償の VMware Workstation Player をご利用ください。認定教育機関の学生や教職員で、 VMware Academic Program のメンバーの方は、VMware Workstation Player を無償で利用できます。


私は商用利用ではないので、メールアドレスの登録だけで使えました。

現時点のVmWareToolsが9.x 系で古いため、10.x にバージョンアップします。。。

@2015/11/14 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows TIPS

2015年11月10日

Internet Explorerの「互換表示設定」のリストは キャッシュ(履歴)を消すと同時に消え去る

これマジ?
と思いましたが事実です。本日ようやくこの事象を明確に認識しました。

意図しない動作、理解できない設計という点では最悪です。

互換表示設定が保存されない - マイクロソフト コミュニティ

メモ。

「敷居が高い」は「敷居が高い」としか言いようがない

メモ。


タグ:マジ最悪
@2015/11/10 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows TIPS

Windows 10は2016年7月までの「アップグレード期間」にインストールしないとだめなんでしょ?

Windows 10にまつわる誤解と真実 使用料が必要? - ライブドアニュース

でも確か、同じマシンに限って、BIOSに その情報が記録されていて 期間を過ぎても無償インストール可能なんでしたっけ?

だから、同じプロダクトキーでも、1年後に新しいマシンにインストールするってことは無償ではできないわけですね。

微妙にグレーなのが、仮想マシン。
ゲストOSにインストールを無償で済ませておいて、ホストOSのマシンを新規に調達するとおそらくゲストOSのマシン認識が変わることになり再認証が必要になる。
さあ、そういうときにはどうなる?

@2015/11/10 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows TIPS

2015年11月09日

132点だった(150点中)、カスペルスキーのセキュリティテスト

日本人が最低平均得点をマークしたIT知識テスト「あなたの『ネット常識力』はどのくらい?」 - GIGAZINE

1322015-11-09_221542.png
ここで回答したようなセキュリティ対策は全く実際の生活ではやっていないけどね!

@2015/11/09 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月07日

Seagateの8TB HDDが数量限定特価で2.5万円割れ

8TB HDDが過去最安、税抜き2.5万円割れに (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

この前奮発して、4TB HDDを買ったばかりなので、8TBに興味はない。

昔は27GB SCCI 外つけHDDが 4万円だったことを思うと。。(10年くらい前の話、、、と書こうと思ったけど、もっと前の話だった、、。たぶん15年くらい前)

ハードディスクは、電源オフで長期保存できるのがいいところだと思っている。光学メディア(DVD/Blu-Ray)よりはデータ読み出し寿命が長いだろう。

かといってそれほど古いHDDを現役で持っていないし確認はできないけど。

株主の議決権行使書を郵送する代わりにWebサイトでできるっぽい

議決権行使ウェブサイト

一度は、株主総会に行ってみたいものだが。

@2015/11/07 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月03日

ロニーさん出番がおかしい

Learn EATING Vocabulary in English ・ engVid

5:50あたりから 見てみよう。 Ronnie さんが一瞬出てくるよ。
ほかの先生が出てくるのって非常に珍しい。げっぷだけのために出演するのが Ronnie さんらしくて異常。

一旦退場し(引け)てからまた戻ってくるというしゃれをやっているパターンがこれ。(ほかにもいくつかありますが):What to say at your job interview ・ engVid 終わったと思ってQuizに移動するとこれは見れない。

@2015/11/03 03:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

Windows10はメディア作成ツールを使えばISOファイルかUSBに作成できるようになっていた

Windows 10

このMedia Creation Tool で生成した 物は
7/8/8.1のプロダクトキーでWindows 10のアクティベーションが可能に: NN Space BLOG-NN空間ブログ
ここで確認したISOと同じバージョンもしくは(今日作った場合)それより新しいものなのだろうか?

MediaCreationTool を使うと ファイルはすべてダウンロードされるから 任意のISOの内容でUSBに書き込むことはできなさそうだよね。 ISOから直接USBに書き込むやつ、無かったっけ?
>>>これとか>>【レビュー】ブート可能なISOイメージをUSBメモリに書き込んでインストールメディアを作成「Rufus」 - 窓の杜 基本的に初期設定のままで問題なく、編集部でも「Windows 10 Technical Preview」のインストールメディアが作成できることを確認している。 とのことなので かなり有望。

ただ、ビルド10565 は評価版なので 正式版リリース待ちかな、、、
正式リリースさえされれば Media Creation Tool で何ら問題ないはず。
@2015/11/03 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

7-Zip 15.10 beta は BUG 修正、そろそろ正式リリースか

7-Zip / Discussion / Open Discussion:7-Zip 15.10 beta

書き込み見ても「正式リリースに近づいてきている」旨の期待を投稿している人がいた。私もそう思う。

まあ、会社では9.20を 使わざるを得ないのだが。( インストーラを解凍して、中身を使う分には 最新版を使えるんだけどね!)。

Visual Studio Community 2015 も引き続き無料(非・エンタープライズ用途の場合)なのね

Download Microsoft Visual Studio Community 2015 from Official Microsoft Download Center

Visual Studio 2015 製品の概要

というわけで自宅のPCに入れました。

すると、以前入れていたVS2013 と共存しました。容量くうなぁ。




・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ