2020年05月06日

Windowsを新たに始める(母艦PC)

「Windowsを新たに始める」を母艦PCで実行しました。

以前VMのゲストOSで行った時には、非常にすっきりした記憶がありましたが今回は??
という感じでした。

・以前のメモ
http://nnspaces.sblo.jp/article/187331669.html

・今回の気づき

1.ユーザーアカウント情報は引き継がれました。
 顔認証の設定もそのままです。
 デスクトップフォルダ、ダウンロード、ドキュメント など そのまま残りました。
右クリックの送るも健在(カスタマイズした分)

2.OSのバージョンは最新のビルド1909(そのまま)維持されました。(古いのに戻らず)

3.既定の Program Files フォルダー以外にインストールしたアプリ(と思われる)ものについては スタートメニューが一部残りました。
 推測ですが、C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs にあるメニュー(フォルダ)が、消されずに残ってしまっているようです。ただ、既定の Program Files フォルダー はクリアーされたため、実体のアプリは存在せず。邪魔なメニューはここから削除するべきです。

4.「夜間モード」の設定は初期化(OFF)になっていました。

5.基本的にデバイスドライバは全部認識されていました(PT3 Driver 以外)

6.ゴミ箱の「削除のメッセージ表示」がOFFに戻っていた

7.VPNの設定は全部消えていました。

8.Microsfot HUP で購入したオフィスは再インストールが必要でした。
2020-05-07_203101.png
⇒認証は「同意ボタンを押す」だけでした。

9.追加した「言語設定」が残っていた(維持された)

10.ファイル名拡張子、隠しファイルを表示する設定がOFFになっていた

11.「削除されたアプリ.html」の一覧がデスクトップにできているはず、、(過去の検証の知識より)
でもなぜかデスクトップにない。
⇒ なぜか、自分のユーザープロファイル以外のところに複数生成されていました。
 C:\Users\DefaultAppPool\Desktop\削除されたアプリ.html
 C:\Users\db2admin\Desktop\削除されたアプリ.html
自分のアカウントは、別のドライブにデスクトップフォルダーなどの特殊フォルダーを移動したためでしょうか。出力先を見失ったのかも(MSのザル対応だなー)。
@2020/05/06 22:26 | Comment(0) | Windows TIPS

消費者還元は2020年6月まで!! 今こそ 物欲開放!!

キャッシュレス・消費者還元事業、還元期間はいつまで?|Have a good Cashless.〜 いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。〜

買い物するのなら今。

@2020/05/06 13:41 | Comment(0) | 物欲コーナー

今まで ディスクの完全消去はウェスタンデジタルのツールを使っていたんだけど、WindowsのDISKPARTコマンドでもできることが分かった

Data LifeGuard Diagnostics for Windows
Software and Firmware Downloads | WD Support
を使ってディスクの初期化をしていましたが、Windowsのコマンドでもある程度代用可能という事が分かりました。

使用するコマンドは DISKPART です。
Windows 10でDiskPartコマンドを使用する方法

一般的な使用方法は他のサイトに任せてここではメモ書き程度に。

1. DISKPART を管理者権限で起動します
2. LIS DIS で、対象のディスク番号 n を把握します
3. SEL DIS n で ディスクを選択します。
4. 完全消去なら CLEAN ALL , 簡易消去なら CLEAN をタイプしてしばらく待ちます。

これだけなので、ツールが何もない環境でも実行できてよいですね。

ただ、完全消去はHDDの容量に応じてとてつもない時間がかかります(10時間とか)。
このツールに限りませんが、フォーマット中はシステムの動作が不安定になることがあります。(全力でHDDを初期化しているせいなのでしょうかね?)
キーボード入力とか、マウス操作が遅くなります。

DISKPARTなら、Windows10の環境なら実行可能という手軽さはあります。
でも 完全消去中に、今どの程度まで消去したのか、残りがどのくらいか?を判断する情報が一切なく、コマンドプロンプトの待機状態になるので待つのが辛い、というデメリットがあります。

そういう場合やっぱり、ウェスタンデジタルのツールがおすすめです。
こんな感じです。
2020-05-06_113407.png

2020-05-06_113458.png

2020-05-06_113515.png

2020-05-06_113645.png

2020-05-06_113822.png

今後もウェスタンデジタルのツールは使っていくつもりです。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ