2020年06月17日

VNCサーバーすごい、Windowsのリモートデスクトップよりも利便性では断然こっち

VNCのなにが凄いって、ユーザーログインする手前の画面から画面共有で閲覧できる。
(※ VNC Serverは 個人アカウントなら5台のPCまで導入可能。)

Windowsのリモートデスクトップだと「ログイン」から始めるわけなので、当然ログイン前の画面は見えないし、ログアウトするとリモートデスクトップのセッションは終わってしまう。

Download VNC Server | VNCレジスタードマーク Connect

リモートデスクトップだと、リモート操作中は本体の画面操作が見えないようになるけど、VNCだと、リモート側で同じ画面が丸見えになる点が大きな違い。 それはメリットでもありデメリットでもあり。

リモートデスクトップでは、LANが基本だから、基本同じねとっワーク内にいることが前提。VPNでもよい。
VNCはインターネット越しの接続が可能。クラウド接続もできるから、接続先のPCのアドレスが分からなくてもアクセス・操作できる。
シンテレワークのアプリもAzureクラウド対応しているし、その辺は一緒。
仕組み的には、抜け穴を接続先のPCから伸ばしている感じ。

接続時の画面音クオリティは、リモートデスクトップのほうがきれい。VNCだと低解像度Jpegぐらいの滲みがある。

VNCだとあたかもそのPCの前にいる感覚で操作できる。リモートデスクトップはやっぱり「リモート操作」感覚。

今回あえて、リモート接続先のPCを、リモート操作だけでWindows10 May 2020にアップグレードしてみた。
もともと SoftEtherでVPNして、リモートデスクトップ操作ができたのでそれ経由でVNCをインストール。

リモートデスクトップ経由で アップグレードを開始したのだけれど、途中でリモートセッションが切れてしまい再ログインできなくなった。
VNCに交代して画面を見るとまさにアップグレード中。こういう画面も見れるのがVNC、と違いがはっきり分かった。

例えばリモートデスクトップでは接続できない以下のような状況でも
2020-06-18_001124.jpg

VNCなら以下の通り、
2020-06-18_001051.jpg

こんな感じで、完全リモートで Windows10 May 2020 へバージョンアップ完了した。

@2020/06/17 22:51 | Comment(0) | Windows TIPS

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ