2006年08月03日

Speedfan4.29〜温度モニタしたり、PCのファン回転数を制御

ずいぶん前から便利で知っていたのですが、現在使用中のマザーボードになってから(A8N Sli Premium :ITE IT8712F)は非対応になっており悲しい思いをしてました。
表題のとおり、各種センサーから温度を取得して表示、PC内部の回転するファンのスピードを制御したりと温度モニタおよびファンの騒音低減に役立ちます。

SpeedFan - Access temperature sensor in your computer
最新リリースの4.29でとうとう私の使っている基盤もサポートされるようになり早速使い始めたところいい感触。
基本的に私はファンの速度コントロールはしないというポリシーなのでファンの制御にはあまりありがたみはありませんです。
(静音ファンを定格できちんと回すのが良いという判断)

今まで気温と湿度といっしょにPC温度を書いてきたときには
Everest Home Editionを使っていました。
↓これ。(CPU高負荷時)
20060803_230321EverestHome.png

SPEEDFANでは、以下のように情報が見られます。
20060803_SpdFan429.png

グラフに表示したり、テキストファイルのログをとることも出来るので便利です。
20060803_230321SpeedFan429.png

しかし、今までEverestで温度測定をしていたものと比べると少々問題が出てきました。
上のグラフの3つの線はどれもCPU負荷(CPU使用率)といっしょに動いていますよね。(最初の低い半分の山は CPU使用率50%、つまり片方のコアが100%稼動で2分間。 次の山が、両方のコアが100%稼動で2分間。 しばらく休憩。最後の山が 両方100%で5分間。)

そこからが疑問です。

それはまた次回(解決しません)。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1068754
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ