2006年08月06日

特定のフォルダを一番上にしてツリーを開く〜Explorerのコマンドライン

普段Windowsで使用するエクスプローラーはコマンドラインを受け付けています。

それに追加オプションを指定するとちょっと動きを変えることが出来ます。
Windows エクスプローラのコマンドライン オプション

たとえば以下のバッチファイル(コマンドスクリプト)に、ファイルまたはフォルダをドラッグドロップさせると、その親フォルダをROOT(一番上)にしてエクスプローラーで開くことが出来ます。
OpenParentRootFolder.cmd

たとえば
「C:\Documents and Settings\All Users」を開くことを例にしてみると
OpenExplorer0120060806_2235.jpg
このように、見せたいフォルダ以外にモザイクを掛けたくなる場合がしばしばあります。
しかもAll Usersフォルダ以下を作業の対象にしたい場合に余計なフォルダがちらちら見えていては作業効率が低下しますね。

そこで、上記スクリプトファイルを使ってフォルダを開いてみたのがこちらです。
OpenRootFolder20060806_2239.jpg
見たいフォルダをRootにするとスッキリします。

「上へUpFolderB20060806_224032.png」ボタンが押せなくなっているのも特徴のひとつです。これより上のフォルダにはさかのぼれません。

###追記###
ちなみにROOTで開いたフォルダから検索をしたい場合は F3キーを押すとなぜか検索対象フォルダがきちんと設定されないので、フォルダを右クリック→検索を実行します。
F3キーでファイルの検索をやっている人は少々不便に感じるところかもしれません。

フォルダをROOTにして開いている状態で、そのフォルダ自身の右クリックメニューで出したい場合は、そのウィンドウタイトルバーの左上のアイコンを右クリックするとメニューが出せます。これは意外と盲点ですが便利な技です。さらにこのアイコンをドラッグドロップすることでそのフォルダのショートカットをすばやく作成することが出来ます。

###追記2###
もしかすると ダウンロードしたファイルを実行したときにセキュリティの警告が出てうざったく感じると思いますがWindowsの安全対策仕様なのでご理解ください。
NN Space BLOG-NN空間ブログ: 開いているファイル セキュリティの警告!〜テキストファイルでもスクリプトは対象か!?
というわけで、このスクリプトファイルが便利で今後も使っても良いかなという方は、ファイルを右クリックして 「ブロックの解除」をしてください。

###追記3###
いじくるつくーるのダウンロード
などのツールを使うと同等の機能がフォルダの右クリックメニューに追加できます。
@2006/08/06 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows TIPS
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1085271
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ