2015年06月22日

自宅で使っているWindows7のいつものユーザーアカウントから管理者グループを除外してみた

管理者グループに所属しながら、UACダイアログを一般ユーザーレベルで出現させる方法がわからなかったので、仕方なく管理者権限を放棄する。

やっぱり、管理者権限を持たない状態でどこまでできて、そしてどこまでできないのかを確認するには管理者権限を持たないほうがいい。

会社のWin7だと、Regeditを起動するだけでUACダイアログが出てくるんだけど、自宅のだと出てこない。
まだ何か設定がいるのだろうか。
最初からユーザー権限で起動しているから良しとするか。会社の場合はそこで自分のユーザーIDを入力しなおすと使えるから、手間の違いだろう。管理者で起動したいときには UACダイアログが出てくれるとそこでスイッチできるから助かるんだけどもね。

管理者権限での実行を制限するユーザー・アカウント制御UAC(後編) − @IT
@2015/06/22 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/144438821
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ