2015年07月09日

英語のLとRの発音は悩ましいよね

「らりるれろ」はLではない。 - D'ac

子供のころは、日本語をとにかくはっきり子音を気にして区切ってしゃべっていた記憶がある。低学年までの朗読会ではよく 壇上に立った記憶があるが、高学年になるにつれ「普通に」発音するほうが尊ばれるということを 10年以上たってから 思い返した記憶がある。

そんな10年後くらい、英語の勉強をしていると今度は 日本語がはっきりと言わないことに いらだち始め「主語がない」とか 細かいところを気にするようになった。

そして今、英語も結構いい加減で何とかなるよね、と思うようになった。
日本語の楽ちんさが半端ない。英語のように子音をしっかり発音しなければならない言語と、日本語のリラックスし過ぎの言語とは相性が悪すぎる。

エンジニア35才定年説に挑戦する | Fringe81社長日記

日本人がRとLを区別できないのはローマ字のせい - 生の食パン


@2015/07/09 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/150349446
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ