2016年01月29日

.net 版 の 7zip (LZMA) 圧縮コンポーネントを使ってみた

この LZMA SDK (Software Development Kit)
SDKのページから LZMA SDK (C, C++, C#, Java) (with binaries for Windows) をダウンロード。

この中に LZMA圧縮・展開のC#ソースコード があるので自分でコンパイル(DLL)します。

残念ながらLZMA2には対応していません。

サンプルソースコードは\CS\7zip\Compress\LzmaAlone\LzmaAlone.sln にあるのでこれを見れば DLLとしての使い方は少しだけわかります。
コンポーネントをDLLにすれば、VB.netからでも 7z圧縮ができます。

実際7z圧縮ファイルを作ることはできました。しかしながら アーカイブ内にファイル名を設定する方法がサンプルにも無くて分からないので 1ファイル限定の圧縮しかできません。

欲張らなければ 7z.exe のコマンドラインでも呼び出しているのが一番幸せです。LZMA2も選べるし。

@2016/01/29 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173023632
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ