2016年02月09日

これはエクセルのバグなんだろうか「次を検索」の連続クリック / 継続調査追記@20160212_212643

2016-02-09_003622.png

↑こんな感じでセルの単語を検索します。
0.5秒おきくらいで「ゆっくり」次を検索ボタンをクリックすれば、どんどん次のセルに順に移動しますが、ある程度早くポチポチ連続クリックすると 同じセルに一回留まって 2回クリックするごとに次のセルに移動するようです。この挙動はバグなんだろうか、EXCEL2000から2010まで同じような動作をする。

ところが 次を検索 の EXCELのショートカットキーである SHIFT+F4を 押した場合 これを連続実行しても1回とどまることなく連続で軽快に次を検索してくれます。

そして 「前を検索」するやり方が実は存在していて、「次を検索」ボタンクリックと一緒に SHIFTキーを同時押しすると 出来ます。
今まで気が付かなかった。マクロ作っちゃったよ。
前を検索する機能 EXCEL2000でもちゃんとあるんだよねー。無駄にマクロを作ってしまったことを反省する。

20160212_212643 継続調査結果
検索のダイアログボックスで「次を検索」した場合と、ショートカット SHIFT+F4 を行った場合、「マクロの記録」で記録されるのは全く同一の メソッド Cells.FindNext(After:=ActiveCell).Activate である。
さらに SHIFT +F4を SendkeysAPIを使って キーボードショートカットに割り当てたところこれはうまくいった。(スムーズに次を検索する)。
そこでそのSendKeysAPIの呼び出しを FORMのボタンからの呼び出しに変更したところ なんと 短時間の連続クリックでは やっぱり2回おきに次に移動するようになってしまった。
つまりどういうことだ、GUIから連続で検索をする場合 何かのボトルネックが必ずそこにあるということなのだろうか。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173720632
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ