2016年02月12日

Windows 10で Shell_NotifyIcon Lib "Shell32" Alias "Shell_NotifyIconA" (ByVal dwMessage As Long, pnid As NOTIFYICONDATA) As Boolean が動作しない問題は今は治っているようだ

Windows10でバルーンチップが表示されない ってのは周知の事実だということはわかった。: NN Space BLOG-NN空間ブログ

ふと過去の自分の記事を見返していて、これって今どうなんだろうって やってみたら
以下のように右下から出てきた。この前は何も出てこなかったから最新のWindows10では改修がなされているということだ。
trayi2016-02-12_223030.png

しかしながら違和感がある。これは通知は右から出てくるような流儀に変わったのだろうか?
Shell_NotifyIcon は、システムの常駐アイコン(システムトレイ)の場所からバルーンチップで出てくるのが慣習だったはずだが、タスクバーを左に縦置きしたとしても Shell_NotifyIcon のメッセージは右下から出現してくる。はっきり言って予想外の位置からのメッセージは認識しづらい。

プログラムで特別な対応をしなくてもメッセージが出てくるように治っていることについてはまあ良しとするけれども出てくる場所がそこかいな。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173999771
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ