2016年06月15日

[ETL] Pentaho Data Integration 6.1 Community Edition

Pentaho Community
6.0 と 6.1 でも若干UIが違って、6.1のほうが自然な感じ。 最新版の6.1をお勧め。

個人的に今年をETL元年とします。

Spoon / Kitchen / Pan / Carte というツール群を使う。

Spoon : Job や Transformation を作成
Kitchen : Job を実行
Pan : Transformation を実行
Carte : Job/Transformation をリモート(サーバー)実行。

ダウンロードしたファイルを解凍してセットアップするだけで、全部使える。
ただしこのツールはローカルドライブにコピーしたらそのPCのみで利用するほうがよいですね。サーバーで共有して使っていたらキャッシュのドライブ設定がおかしくなってしまったので。

Kitchen / Pan で実行すると巨大なETLのプラットフォームをまず立ち上げるせいか20秒はまずかかる。実際の処理は1秒とかでも。
なので、Carteでサーバー起動しておいて そこへ JobやTransformationを流し込むほうが 実行速度はよいはずだが、ジョブ・変換定義XMLを リクエストパラメータに突っ込んであげないといけないらしい。何気に面倒臭い。
Spoonからもリモート実行できるがSpoonの起動がまず遅い。本末転倒。

【Pentaho】トレーニング1日目(Kettle:ケトル)の復習 - OSS ERP Compiere Distribution Lab

オープンソースBIのPentaho(ペンタホ)ブログ: 検索結果

PentahoのSpoonを起動してTransformationを編集する - M12i.

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175708606
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ