2016年11月04日

ドクダミとの最終決戦となったのか。根の深い問題だった。

今日も畑に出向く。
20161103_dokudami_ground.jpg
まだドクダミがあった。さっそく駆除である。
(追記:実はここは実際の地表ではない。周辺は20cmほど掘り起こしているそのエリアだ。最後は埋め戻すつもりだが今は土は別の場所に山盛りしている。)


先週掲載忘れした 彼岸花の葉っぱ、こんな感じです。
20161103_higanbana_overview.jpg


閑話休題、
ある程度地下茎を取り除く。
20161103_dokudami_roots.jpg

しかしまだ地中にひょっこりと根っこが出ているのにお気づきだろうか。
20161103_madaaru.jpg

さらに掘ると、まだまだ根っこが出てきた。
20161103_dokudami_under_gro.jpg

この後さらに横に続いたので、地面にへばりつきながらスコップを水平に差し込んでは掘って
深さ50cm(本来の地表面からすると70cm?)、直径60cm位の穴をあけて根っこがないのを確認した。過去最高に深く掘った。
ようやく根っこを退治した(と思われる)。(これはもう、仮に地表から薬を撒いてたとしてもこんな地下までの完全な駆除は無理だっただろう。)

最終的な穴の写真が無いのは、その時点で泥だらけになっていてカメラを持てなかったからなのは内緒である。

さてさて、彼岸花ですが、いたるところに繁殖しており今回は 区画整理の対象で掘り起こしました。
20161103_higanbana_body.jpg
全体は↑のような感じ。

葉っぱの特徴は以下のような感じです。
20161103_higanbana_leaf.jpg
葉の中央に白い筋が見えますが、これより大きく成長すると目立たなくなり主に緑色っぽい葉っぱになっていくようです。
この後別の隅っこの場所に 彼岸花を埋戻ししました。

@2016/11/04 02:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177528076
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理人さんは、りっぱな農家ですね。

私には、畑がない。
Posted by みらさま at 2016年11月04日 10:45
農家は雑草退治に時間を使わなくて、耕運機+農薬ビシバシ使うんだともう。

話は変わりますが
この前テレビを見たら、プランターで育てる玉ねぎ特集をしてましたよ。育てるコツは、まず 苗の根っこをまっすぐにして植えること、球根(鱗茎)の頭がちょっと出るようにすること、土を乾燥させないように、暖かい昼間に水をやること。ですかね。そうすると、冬を越して5月前後に収穫できるとか。長いね。

Posted by 管理人 at 2016年11月04日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ