2018年09月08日

(妄想)iPhoneのFaceIDの仕組みは広告画面を「見ているかどうか」「目をそらしている・見ていない」をモニターできるはず

スマホの広告、30秒とか待っていられなくて アプリを閉じても 結局同じアプリに戻ってくれば残り時間は変わっていなくて 広告を出しているアプリを閉じている間の時間が経過することはありませんね。

それと同じで今後は、「広告を見つめていないと」残り時間が減らないということはすでに実施可能な状態とみています。
少なくともアップルの社内では 広告を見ているか見ていないかの情報収集はしているんではないかと 妄想しています。

「注視」が認識できることは確実なわけだし。
iPhoneXのFace ID 認証時の注視を必須項目から外すと見つめずに解除可能 - ライブドアニュース
もうそうなっていても驚きません。
@2018/09/08 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感&戯言
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184366326
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ