2019年02月08日

dockerとVMWareを同一ホストに入れるのを断念。dockerはVMWareのゲストOSのほうに導入することにする。(CPUの仮想化の仮想化を使う)。

dokerの普通のコンテナを使うとLinuxコンテナーを使うことになり、Windows版のdockerデスクトップをインストールすると HyperーVが有効化されてしまう。

そうなると、同一ホストではVmWareやらVirtualBoxは締め出されてしまう。これはいやだ。

となると、dokerをホストOSに入れることはリスクでしかない。

しかも そういう相性の悪さを考慮していないほかのアプリ、例えばNoxPlayerを起動すると ブルースクリーンで落ちる。Windows10が確実に落ちます。

以下の写真が久しぶりに見たブルースクリーン
2019-02-08_191807.png
昔に比べて落ち着いた青になっています。

100%になっても自動的に再起動してくれなくて1時間くらい待ちました。

というわけで方針変換し、ホストOSでdockerを動かす代わりにゲストOSで動かすことに決めました。
dockerクジラ君にはサヨナラです。
ホストOSから先にHyper-Vをアンインストールしたところ困った顔をしていました(以下の図)
2019-02-08_194001.png

新しいdockerの行き先の ゲストOSはWindows10 Pro 64Bit版 で決定です。メモリは12GB積むことにしました。
VmWareで起動したところ、初期状態では Hyper-Vプラットフォームが有効化できませんでした。
2019-02-08_192318.png

こういう時にはゲストOSの仮想マシンの設定の
仮想エンジンの VTの有効化をチェックします。
2019-02-08_192701.png

有効化した後でゲストOSを起動すると、ゲストOSの中でもHyper-Vが有効にできます。
さて、これでここに dockerを入れましょう。
2019-02-08_192924.png
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185524350
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
dockerって何?っていう私です。

とにかく、ふつうにdockerをインストールすると
悲劇が起きるということだけはわかりました。

今日は、さむいなぁ
Posted by みらさま at 2019年02月09日 17:59
普通にdocker入れただけなら悲劇は起きません。

安心してください。

Posted by 管理人 at 2019年02月09日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ