2020年08月15日

Raspberrypi 3B+に NGINX を入れて、CGIで Bash実行する。

ラズベリーパイ3B+を買いました。

とりあえずなんかやろうと思ってこんなことをしてます:


【ubuntu】nginx環境でシェルスクリプトをcgiとして動かす | 瀬戸内の雲のように

こちらの記事を参考にほぼできました。

一点だけ、問題点回避のために変更しました。
問題点は、bash_cgi.conf は読み込まれるものの、そのあとデフォルトの設定で上書きされてしまうという点です。(80番ポートにアクセスして hello.sh が呼び出せない問題、です)

簡単に回避する方法として、待機ポートをデフォルトと異なるポートにしました。
つまり
listen 80;
これを
listen 8080;
こうしました。
そうして以下のURIで実行できました。
http://raspberrypi:8080/hello.sh

特定のマシンのPINGの結果を表示するURIも作りました。
2020-08-15_233845.png

こんな感じ。

あと、特定のMACアドレス向けにWakeOnLan信号を送るURIも作りました。
2020-08-15_234322.png

信号を送った後、対象のPCが起動したかどうかを確認するためにPINGを打つのが必要、というわけでした。

echoコマンドの詳細まとめました【Linuxコマンド集】
@2020/08/15 23:42 | Comment(2) | PC環境構築奮闘記
この記事へのコメント
なんかすごいことやっているなぁ。
なぜ、らずぱい4をあえて買わずに3を買ったんだろう。
らずぱいでyoutubeは見れるのかなぁ。
いろいろ気になるなぁ
Posted by みらさま at 2020年08月25日 08:20
いきなり高級機(らずぱい4)を買わず、まずは3で様子見ってことですよ。

Youtubeは見れると思うけど、リモート接続して使うから音が聞こえない。

将来的にはVolumio を導入するつもり。
Posted by 管理人 at 2020年08月25日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ