2008年09月23日

CDの大革命!! SHM-CD...(とは言うものの)

SHM-CD SHM-CDとは?

最近CDショップに足を運ぶ機会がなかったのだが、秋分の日ということで昔よく通ったショップに行ってみた。

すると、地下の一室に専用のクラシックルームがあった場所はすでにゲームソフト売り場と化しており、クラシックは1階の片隅の一角に追いやられていた。

そこで見つけたのが、SHM-CDである。音楽CD業界は昔から音質の向上には力を入れていた。(プロテクトのかかったCDもどきは除く)

その昔でいえば、「アートン」という素材JSR株式会社 >光学材料 >ARTON(アートン) > 樹脂特性概要/グレード別物性表
を使ったCDなんぞも出していたことがあり、素材にこだわるシリーズとしては私はそれが最初だった。

こういう場合、比べる音源がないと何にも言えないのであってその当時他に比べるべきCDを持っていなかったため特にどうこう言えなかったのだが。

その時のアートン版のCDは「カラヤン/ブルックナー:交響曲第7番 」だった。
その当時の感想では「固い」CDだったことを覚えている。

それからほどなくして、ドイツ・グラモフォンから4Dテクノロジーが発表され、その中の補正技術(ORIGINAL-IMAGE BIT-PROCESSING)を使ってリミックスされたバージョンの「カラヤン/ブルックナー:交響曲第7番 」も持っている。
アートン版と、ORIGINAL-IMAGE BIT-PROCESSING番を比べるとORIGINAL-IMAGE BIT-PROCESSINGのほうが音の広がり、緻密さ、まとまりが良い感じがする。
ORIGINAL-IMAGE BIT-PROCESSINGの特徴としても従来の録音方式より低音の伸びが良いなど言われていた。

そして今回のSHM−CDである。今回も「カラヤン/ブルックナー:交響曲第7番 」を購入。どれも演奏自体は同じものだ。今回はORIGINAL-IMAGE BIT-PROCESSINGかつ、SHM仕様。

これを聞いた感覚は、ちょっと信じられないかもしれないが今までのものよりもさらに雑味が消えて、ダイナミックレンジが広がっている気がする。
正直言って、従来のポリカーボネイトなんて捨ててでもこの新しい素材にすべて置き換えて今後CDを作っていくべきだと思う。

アートン版は結局その後も量産はされなかったが、SHMは液晶ディスプレイの素材を流用している感じなので今後のリソース集約としては良いのではないかと思うのですがいかに。

SHM-CDがヒット〜音質を向上させ音楽性も涵養する (nikkeiBP on Yahoo!ニュース)

デジタル音源であるCDの音質が素材によってこうも変わることがなおも信じられないが、間違いなく現実に変わる。

比較用のサンプルCDをクラシック、ジャズ、ポップ、ロックとそれぞれに用意したのも自信の表れだろう。
こんなに違うのであれば、サンプルCDも買ってくればよかったと今になって思う。

SHM-CD 試聴記

レーベル各社から4Dオーディオとか、SBMとかハイクリヤーデジタルとかその他もろもろいろいろあったけど、この素材の変化による影響はそれ以上にかなり大きいと思う。

これはやばい、今までのCDのSHM版を全部買い漁りたくなってきた。

日本のCD発売元もいろいろ変わっているんだなーともった。
ドイツグラモフォンレーベルをとってみれば、知っている限り
ポリドール株式会社、ポリグラム株式会社、ユニバーサルクラシックス&ジャズなどなど変遷が激しい。

・・・
遅ればせながらSHM−CDを聞いた感想でした。

###ちなみに###
SACDのほうはいまだに体験しておりません。
まだ先かなぁ。

SHMの音質改善って素材だけでなく「製造工程全般について’丁寧に’作りました」っていうのが一番大きいと思う。
あまねくすべてのCDをSHM化して量産したら音はもっと悪くなると思う(採算が悪いからそこまで丁寧に作っていられないという意味で)。

###そういえば###
さらに今年はカラヤン生誕100周年らしい。
気がつけばショップにカラヤンのCDが増えている。というか昔から絶大な人気がつづいているよなぁ。
さらにいえば来年はカラヤン没後20周年だ。
2年続けてにぎわうことでしょう。

###CDの大革命はいいのだけれど###
ふと思った。
CDは要するにアナログ要素の多いデジタル媒体ということだ。
最高の音質のデータは発売元(?)が持っているデジタルデータだ。
だから、CDなんかを媒体にせず、例えばSDカードなどにデータを入れて、プレーヤーで再生する仕組みが構築できさえすれば、SACDすら上回る全く劣化のないオーでおシステムが構築できるじゃないか。
なぜ、これが実現しないのだろう。「マスターデータにより忠実」を目指してがんばるのはいいけど、既にマスターデータを劣化なく普及させる技術は世に普及し、浸透している。
結局はオリジナルデータを持つ企業がその売り上げを継続的に得るために少しずつ切り売りするモデルが今のCDだったりSACDだったりする訳だ。
今回のこともCDの買い替え需要を掘り起こすことが一番の目的だろうし。

そう考えたら、SHM−CDを買いあさるなんてばかばかしく思えてきた。いやでも、必要なものはそろえたい。
消費者としてこの悩ましい立場はこれからも続くのだろうな〜

@2008/09/23 20:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | テクノロジー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19901773
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
おじゃまします

SHM-CDは異常なまでにエラーが混入しており、プレイヤーを傷める恐れがあります

検証ブログなども出てますので御覧になったほうが良いですよ

ちなみに、SACDと比べると鼻くそです
Posted by いんげん at 2008年10月05日 15:04
いんげん様、コメントありがとうございます。
あなたのごらんになられた検証サイトのリンクをひとつ教えていただけますか?

以下であってますか?
http://www.teddigital.com/SHM_CDintro6.htm

これからしばらくは、SHM CDをジャンジャン再生していきますのでもしプレイヤーが壊れたらぜひ記事にしたいと思っています。

ちなみにSHM-CDが鼻くそならSACDは何なのでしょうか。クリスタルとか?
Posted by 管理人 at 2008年10月06日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ