2009年05月10日

VirtualBoxの仮想メディア(HDD)の拡張でTrueimageが活躍した

そろそろVirtualBox内部のXPを、本番使用開始しようかと思い始めたので:NN Space BLOG-NN空間ブログ: [不具合解消か]VirtualBox 2.2.2

いろいろとアプリケーションをインストールし始めたら、初期設定の10GB では空き容量が足りなくて、フリーズしてしまった。VirtualBoxのほうなのか、XPのほうなのかわからないが、仮想HDDイメージ(VDI)は、9.27 GB (9,959,416,320 バイト)だったから、これ以上拡張できなくなったのだと思う。

そこで、「仮想」メディアなんだから、ディスク容量は後から拡張ができるのではないかと思ってWeb検索してみたけど、VirtualBox自身がその設定を持っていないようだった。

唯一実現可能な方法として見つかったのは以下の方法:
みずさわーるどココログ版: VirtualBoxのディスク拡張

ただしこれだとLinux OSを介在させて、活躍させねばならない。
このアイデアを見てすぐに思いついた代案が,Trueimageによるディスクのクローンだった。

私はすでに Acronis TrueImage 10.0 を所有しているのでこれを使わない手はない。

新しくVDIファイルを作成し、容量を50GBに設定。
元のVDIと今回新規のVDIを両方仮想マシンにマウントし、TrueImageブート用ISOイメージをマウント、仮想PCをブートさせて、ハードディスクのクローンを行った。
VirtualBoxVDI_Clone_20090509.png
あっけなくできてしまった。

クローンを取った後は、VDIの無駄な領域が減ったようである。
8.46 GB (9,088,218,624 バイト) にサイズが減少した。

新しいほうのVDIのみマウントして仮想マシンを起動し、容量が拡張されたことを確認。 さらにいろいろインストールをしても問題ないことも確認。OK。

###2010/04/23###
ただしTrueImageのディスクのクローンはコピー先の新しいディスクのサイズがコピー元と同じでは処理できないようなので、コピー元よりもわずかに大きなサイズを設定したVHDを作るとよさそう。
いきなり2倍とか、3倍のサイズにするとあとで困るようになります。
posted by NN Masteroo at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | PC環境構築奮闘記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29026794
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Windows7 SP1
Excerpt: Windows7にSP1がでたのは知っていたけど、時間がなくてやっと適用。 しかし、仮想マシンのディスク容量が3GB程しかないため、失敗する。 メモリを2GB割り当てたから、そのページングファイルが..
Weblog: banikoの徒然なるままに
Tracked: 2011-02-26 19:39
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
・おすすめ楽天ショップ1
   trendyimpact楽天市場店

・おすすめ楽天ショップ2
   上海問屋
Powered by さくらのブログ