2009年07月12日

日食グラスの見え方の違い

NN Space BLOG-NN空間ブログ: VIXEN製 SUN CATCHER-Xがアマゾンから届いた

今日は晴れていたので、1500円のVIXEN製と、100円の理化学ショップのそれを見比べてみました。

まずは100円の見え方ですが
・とても薄暗く、色は紫色(オレンジ色)になって見えます。

次に1500円
・非常に明るくくっきりしており、周囲に雲があるとそれも形が判るほどに見えます。 明るすぎて逆に、目に悪影響があるのではないかと疑ってしまうほどです(雲も見えますし。)

###デジカメをで太陽を撮影###
・100円の見え方
sun_riken_20090712.jpg

・1500円の見え方
sun_vixen_20090712.jpg

・1500円での雲の見え方
sun_vixen_cloudy_20090712.jpg

こんな感じでした。

##手作業で作っていたんですか・・###
asahi.com(朝日新聞社):日食観たい!専用メガネ大売れ 埼玉のメーカー在庫切れ - 社会
もしかすると重要なフィルターを付け忘れるというトラブルも1万個にひとつくらい発生しているのではないでしょうか。
自分のやつ本当に不安なんですけど。室内の蛍光灯に50cm程度の距離で見えてしまいますから。
ちなみに100円のやつだとどんなに近づいても蛍光灯の明るさが判らない。

日食グラス:不良品見つかる…無料配布のビクセン製 - 毎日jp(毎日新聞)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30481934
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ