2009年10月03日

十五夜満月をG11で手持ち撮影

今日は十五夜お月さんを撮影してみました。

moon_20091003.jpg

手持ちでも、3脚つけてもこれくらいが限界。
逆に言うと手持ちでも十分な手ぶれ補正が効いています。

昔に撮影したG7での月の撮影が一番大きくとれた。
NN Space BLOG-NN空間ブログ: G7でお月様撮影
光学ズームの倍率がG7とG11では違うし。画素数ではG7とG11はちょうど同じな1000万画素。
その上、月は毎年3cm地球から遠ざかっているしね。

ズーム比率は
G7 が7.4(W)-44.4mm(T)[35(W)-210mm(T)]
G11が6.1(W)-30.5(T)mm [28(W)-140(T)mm]
テレ端のズームの倍率の違いは 1.5倍。面積比では2.25倍。

実際月の大きさを比べてみるとそんなくらい違う。

キヤノン:PowerShot G11|主な仕様
デジタルカメラ PowerShot G7機種仕様

・PowerShotG11(楽天ショップへのリンク)↓



過去のエントリからおすすめ:NN Space BLOG-NN空間ブログ: 森を見て木を見ずな画質競争
>私が言いたいのは、G11になってやっと「木」を大切にしてきたね〜ということ。

森も結局見違えるほどにきれいになってます。

同じような風景をG10とG11で撮り比べると、G11の方がJPEG画像のファイルサイズが小さいことが多い気がします。
これはつまり圧縮に負担がない、つまりG11の特徴である低ノイズ化ということを意味しているのでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32644918
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ