2007年02月18日

.NET でデザインパターン開発

VB.NETとC#でデザインパターン

私は最初、コネクションプーリングのオブジェクトをシングルトンで設計しましたが、これは誤りだったとわかった。

コネクションプーリング管理下における接続オブジェクト変数の管理はシングルトンで設計すべきものではない。

接続オブジェクトは毎回生成し、必要がなくなったら速やかに破棄すればよいのだ。あとはバックグラウンドで接続プールが自動的に働く。そうすれば、複数の接続が必要になったときには増えるし、増やす必要が無いときには再利用される。

SQL サーバーに対するコネクションの数が増えすぎてしまうようなケースでは、適切に接続を閉じていないようなコードが書かれているかスレッドを休ませないでClose/Openを短時間の間に繰り返しているはず。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3370911
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ