2009年11月18日

VirtualBoxゲストOSのCentOSに Guest Additionsをインストールするには Kernel-Devel をあらかじめ入れておく必要があり。

Ellinikonblue.com Weblog - 2009/04/29
を参考にして

sh ./VBoxLinuxAdditions-x86.run all
を実行したところ以下のようにエラーが出たので、
VirtualBoxCentOS_NO20091118.png


kernel-Devel を追加でインストールした。
VirtualBoxCentOS_20091118.png

すると以下のように導入できた。
VirtualBoxCentOS_Yes20091118.png

以上メモ書き。

######
そういえば手順通りに
yum install gcc make kernel kernel-devel
をやっていなかった。

あとからやってみたところ、以下のように既に入れてあるから不要との返事。
VirtualBoxCentOS_Yum20091118.png


#Version3.xからかな? インストールオプションが以下のように変わっていた。
sh ./VBoxLinuxAdditions-x86.run [install | uninstall]
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33721205
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ