2009年11月20日

kernel build してみた

CentOS 5.2のカーネルを新しいバージョンに入れ替える(第1回:挫折編) - torutkの日記

ここの記事を見つけて、これならできそうだと思ったので実施してみた。

まず適当な所から ダウンロードして
Kernel262739.png

上記サイトの コマンド実行手順をまねて見る。(Kernelバージョンは若干新しめを選んだ)
kernelBuild20091119.png

make oldconfig では、いちいち設定を吟味していられないのでEnterを連打。

make は長すぎるので風呂に入った。

・・・で、
手順通りコマンドを実行し終わってから再起動、GRUBを見ると以下の通り。

kernelBuildFinishSudoMakeInstall_GRUB20091119.png

2.6.27.39 が登場。

これでやっとのこと、要件通りに VirtualBox Guest Addisions を導入できるのか。

実は先日の 導入ログメッセージを見たら、2.6.27 以上にせよ!とメッセージが出ていたのが気になって。


でもまだ、Xのバージョンが古いわー


[root@localhost ~]# X -version

X Window System Version 7.1.1
Release Date: 12 May 2006
X Protocol Version 11, Revision 0, Release 7.1.1
Build Operating System: Linux 2.6.18-53.1.14.el5PAE i686 Red Hat, Inc.
Current Operating System: Linux localhost.localdomain 2.6.27.39 #1 SMP Thu Nov 19 23:55:37 JST 2009 i686
Build Date: 03 September 2009
Build ID: xorg-x11-server 1.1.1-48.67.el5
Before reporting problems, check http://wiki.x.org
to make sure that you have the latest version.
Module Loader present

X Window System - Wikipedia
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33744203
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ