2010年03月27日

ProcessExplorer 12.0 でたぁ!!

Process Explorer (Windows Sysinternals: ドキュメント、ダウンロード、および関連リソース)

NN Space BLOG-NN空間ブログ: それにしてもあと二日で Process Explorer v11.33 は 丸一年更新されなかったことになる

1年1ヶ月以上の沈黙を経て、プロセスエクスプローラがバージョンアップです!

What's New (March 25, 2010)Process Explorer v12
を丸ごと引用:

This Process Explorer release includes several significant new features, including the showing the web hosted in IE8 processes in the process tooltip, display of a svchost’s service host category in its tooltip, mapping of service names to threads on the threads tab and TCP/IP tabs of the process properties dialog on Windows Vista and higher (thanks to Windows Internals 5th Ed. coauthor Alex Ionescu), a new.NET assembly information tab in the process properties dialog (thanks to Pete Sheill), as well as other improvements and bug fixes.


大きな機能追加はないですが、さらに細かい情報の紐つけがされていてよりシステムの調査に役立つ情報を見られるようになります。

たとえば気がついたことといえば
VirtualBox上で実行した場合、 CPU0 (node0),CPU1(node0) と表示されるが、
実機上のCorei7 860 では、CPU0 (Core0), CPU1(Core0), Cpu2(Core4), CPU3(Core4), CPU4(Core8), CPU5(Core8) , CPU6(Core13), CPU7(Core13)
と出てくる。
いまさら気がついたのだが、この表示は 11.0からあるね。Ver12にもあるというだけだった。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36707306
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ