2006年02月24日

インターネットに流れ出る情報

インターネットをやっていると、裏ではいろいろと情報をやりとりしています。

一体どんな情報が流れているか気になるでしょう。
それを確認するためのページを開くと一目瞭然です。


あなたの情報はこれだけ漏れている

確認くんUGTOP

診断くんWelcome to taruo.net

上記3つくらいを開いてみると自分がインターネットにどれだけの情報を送っているか、分かると思います。これらの情報は共通的なもので、他にもいろいろな情報を送っています。

これらの情報を隠してWebサイトを見たい場合には Proxy サーバーを経由します。

Proxyサーバーを経由することによって、今までは
自分 ⇔ 見ているWebサイト

の関係を、
自分 ⇔ Proxyサーバー ⇔ 見ているWebサイト

という関係に変えることができます。
つまり、自分の情報を伝えるのは Proxyサーバーまでで、そこから先は Proxyサーバーが代わりに見たいページを拾ってきて、自分に戻してくれるイメージです。
Proxyサーバーによっては、自分の接続情報をそのまま見たいサイトへ送ってしまうものもあるので、紹介した上記判定サイトを使って、どれだけの情報を送っているかをまず確認してから Webサーフィンをする必要があります。


そうはいってもどこでそんな設定をすればよいのやら、と思ったことでしょう
IEにも分かりづらいですがProxyサーバーの設定をする場所があります。
コレは主に企業用のPCが直接外部の Webサイトに出て行かないように集中管理するために使われています。

企業のPCではProxyサーバーの設定をきちんとしないとインターネットにすらつながらなくなりますが、個人のインターネット回線であれば、Proxyの設定を有る程度いじれます。

Proxyサーバを使ってみようというかたはまず以下のサイトで知識を付けると良いでしょう。
プロキシサーバ入門CyberSyndrome - The Proxy Search Engine

多段プロキシといって
自分 ⇔ Proxyサーバ1 ⇔ Proxyサーバ2 ⇔ Proxyサーバ3 ⇔ 見ているWebサイト
などという設定も可能で、より自分の存在をわかりにくくする効果も期待できます。
(ただし、インターネット接続速度は遅くなる傾向があります)

そんな多段プロキシ接続をやろうと思ったらできてしまうツールがコレです
(少々古いですが)

プロキシランチャー
ブラウザのプロキシ設定・多段設定を自由に切り換え
@2006/02/24 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書と備忘録
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/388690
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ