2006年02月24日

プラストミック標本

人体の細胞をプラスチックに置換えた標本。
人体の不思議展
東京で開催されていたときに見に行きました。

見ていて気持ち悪くなることは無い。とてもきれいな標本たちです。
でもとても言い表せない気持ちになったのを覚えています。
「目の前にあるのは”死体”なのだ」
標本を見ている高校生たち、キャーキャー騒いでいる。一体どんな気持ちなんだろう。


私の言いたいことがそっくりそのまま書いてある記事を見つけました。
『人体の不思議展』考


###
メキシコでもプラスティネーション人体標本展が開かれるそうです。
'Bodies Revealed' opens in Mexico City
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/388998
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ