2010年12月30日

xfsrestore | xfsdump でレグザのHDDを移植 ,2回目のチャレンジ(1TBから1.5TBへ)

xfsrestore | xfsdump でレグザのHDDを移植: NN Space BLOG-NN空間ブログ

一年間やりくりしてきましたが、だんだんと消したくない(まだみていない)物が増えてきて、容量を増やすという決断になりました。

去年作ったUSB版の KNOPPIX5.3.1を起動。

つながっているディスクは
knoppix@Knoppix:~$ df
Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/sdc1 5107664 4494744 612920 88% /cdrom
/dev/cloop 7691248 7691248 0 100% /KNOPPIX
/dev/cloop2 3766866 3766866 0 100% /KNOPPIX2
/ramdisk 2903020 10696 2892324 1% /ramdisk
/UNIONFS 2903020 10696 2892324 1% /UNIONFS
/dev/sdc2 2757992 35948 2722044 2% /media/sdc2
/dev/sdb1 976631424 860118644 116512780 89% /media/sdb1
/dev/sda1 1465007360 5204 1465002156 1% /media/sda1

今回は赤から青へ、データを再び移動させます。

sda1を読み書きできるようにマウントしてから、
su -
xfsdump -J - /media/sdb1 | xfsrestore -J -p 120 - /media/sda1
でコピー開始、前回は500Gから1Tの移動でしたが、今回は1Tから1.5Tなので、約2倍の時間がかかる見込み。

以下、コマンド実行のログ。
xfsdump_xfsRestore_log.txt

結局今回は 14,570 秒かかっている。ほぼ4時間ぴったり。(4時間3分)

コピーしたデータは 880963402688/1024/1024/1024 = 820.4 GB

1時間あたりだいたい205GBのペースでコピーしたことになる。

次回はデータを増やさないように気をつけたいところだ。



ちなみに前回の結果画像から前回の処理効率を計算してみると
405116393928/1024/1024/1024 = 377 GB を
5860/3600 = 1.62 時間でコピー

377/1.62 = 232 GB/時間

ということで、前回の方がコピーが速いことがわかった。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42316179
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ