2011年02月08日

昨日の続き:xboot

xboot で ISOファイルのマルチブート化 → 決まった物しか登録できないじゃんという結果になってイマイチ判定を下しました。: NN Space BLOG-NN空間ブログ

あれから、片っ端からISOイメージのリンクをたどってダウンロードしてかき集めた物を登録していたら以下のメッセ-がでた。
xboot_isochecked2011-02-08_213811.png
要するに、「あなたの登録しようとしているISOファイルは不具合がある。そして修正版のリンクを教えてあげるがどうする?」みたいなメッセージだ。

先日は決まったISOしか登録できないとけなしてしまったが,ここまで中身について親身になって教えてくれるのであれば意外とその目的のツールを安全確実に作成するためにはとてもいいのではないかと思えた。

NTFSのディスクにイメージを作ろうとしたら、以下のように注意してくれるし、至れり尽くせりである。
xboot_ntfs_alert2011-02-08_213931.png

ただ、未だに実機でブートするUSBフラッシュメディアを作ることができていない。64Bit Windowsだとだめなのだろうか?


その後、とりあえずVmWareのゲスト32ビット ウィンドウズXP でUSBを作成したところ、QEMUでの起動チェックに成功した。

あと、このXBOOT.exeは、ISOイメージファイルのブート画面確認を簡単にできるという観点ではとても便利だということに気がついた。
xboot_ISO_Check_2011-02-11_001006.png
画面はwindows7 install disk を実行したところ。

QEMUが入っており、ISOの起動確認ができるようだ。
だが、VirtualBoxではきちんと起動する物も、こちらでは途中で起動失敗することがある。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43303159
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ