2011年02月20日

VirtualBox 4.04出てた。そして、今気づいたけど 仮想マシン定義ファイルができて便利になっていた。

たぶんVirtualBox 4からの新機能だと思いますが、
仮想マシンを作ると、マシンごとに、~.vbox という拡張子のファイルができています。

これ、OS再インストール後などで、VirtualBoxを再インストールした際に、このファイルをダブルクリックすると、仮想マシンの一覧に自動で追加してくれることを確認しました。
もう一度同じファイルをダブルクリックすると今度は仮想マシンが起動します。これも便利と言えば便利か。

vbox2011-02-20_213157.png

V4より前は、仮想マシンの構成情報を、ユーザープロファイル内のVirtualBox.xmlというファイルに書き込んでないといけなかったので、バックアップを定期的にとっていましたがこれも不要な作業になります。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43514520
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ