2011年10月26日

超大出力無線LANアクセスポイント 半径2.4kmをカバー///輸入できなさそうで残念

超大出力で半径2.4kmをカバー、無線LANアクセスポイント「AP600EX」 - GIGAZINE

ここ半年くらい、ず〜っと探していたハイパワーの無線LANアクセスポイントが見つかったかもしれない。
個人輸入可能かどうか調べてみます。

メモ的に知りたかったのは
・通常の無線LANは50mW程度
・この製品は600mW
・無線LANルーターやトランシーバーなどの免許を要しない無線局の出力の上限が0.01W(10mW)から1W(1000mW)に改められている<2010年12月に公布の改正電波法>


個人的には以下のAP300が狙い目。
Amped Wireless AP300 High Power Wireless-300N Smart Access Point
100mWでも十分なんじゃ無いかと思う。

日本製品はこういうスペックを開示しないことが多いので自宅のものと比較しようにも何ともわからないが。

amazon2011-10-26_225146.png
アマゾン.comだと日本に出荷してくれないことがわかった。

とりあえずこういうときは様子見だ。現状それほど不便していないし。

Buffaloの無線LANルーターをルーター殺して使っているし。これはこれで便利だし。節電機能とかXFSマウント機能とかあるから。


ちなみに昔狙っていたのはこのアクセスポイント。
VX-AP300N 400mw High Power Wireless N Access Point with Gigabit PoE Injector - Wireless N Access Points - Wireless - Products & Solutions
でも、結局これも購入に障害があって諦めていたので今回のことは期待していたのだけれども,残念。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49403417
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ