2012年06月27日

グリースがビチビチ飛んでいってしまうのではなかろうか、このヒートシンク型ファン

冷却効率・汚れ・騒音の3つの問題を一気に解決可能な次世代型ヒートシンク「Sandia Cooler」 - GIGAZINE

実物を見てみたい。

特に回転接合部分。

Youtubeのビデオを見ると、みんなグラスをかけている。やっぱり目を保護しているんだね。

重いヒートシンクが回転するためには普通より電力を使うし、熱を伝え、かつ回転する接合部分は、摩擦により余計な熱を発生させるだろう。
この問題をどう回避、クリアしているのか興味深い。

@2012/06/27 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感&戯言
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56738485
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ