2012年09月17日

VirtualBoxの 「スナップショットの削除」を実施すると、分岐が無くなってスナップショットの最新状態にマージされる

vmsnapshot2012-09-17_225040.png

「スナップショットの削除」は、ロールフォワード的な感じ。
スナップショットを開始してからの変更を「無かったことにする」のではなく、スナップショットを終了して現在の最新の状態に一本化するという意味。

上記のことをやろうとしたら、まずは先に戻りたいところのスナップショットを右クリックして「スナップショットに復元(ロールバック)」して、再度 「スナップショットの削除」という操作をすることになるだろう。

推測調でかいているが、おおむねその操作で間違いなかろうと思われるところまでは自分でも試してみた。

vmsnap2012-09-18_220827.png
シャットダウン状態でスナップショットを開始するほうが、運用がクリーンにできると思う。

OracleのClientドライバーを入れたり、消したりはこれが楽チンだ。

@2012/09/17 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書と備忘録
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58322860
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ