2012年11月19日

WinMergeの「アーカイブサポートが無効です」を直すのに結構はまった

20160615_225544 追記
最近の WinMerge 日本語版 は 何も追加しなくても7zファイル同士で比較可能になっています。

WinMergeのMerge7z465U.dllを捏造した。反省はしていない。 - 片っ端から忘れていけばいいじゃない。

Windows7 64Bit版に Winmergeを入れた。7−zipをインストールするとアーカイブサポートが有効になるはずなのだが、ここで、7-zipとWinmergeのチョイスに組み合わせがある。ともに64Bit版もしくは32Bit版にすること。

私の選択基準は 7-zip 側。こいつの 32Bitインストーラでインストールすると 右クリックメニュ^が x64 Windowsでは、設定されない。つまり どちらも64Bit にすればOKなのだ。

ところが、アーカイブサポートが有効にならなかった。
そこで上記のリンク先の捏造作戦に出るわけですが、そこでも落とし穴があった。

それは、自分だけだろうけど、32Bit版で リネーム捏造して持っていたdllファイルを 64Bit版の 7-zipのフォルダーに突っ込んでしまったことだ。 そこの間違いに気がつかないまま2週間ほど 仕事を悶々としながらこなしていたのだが、今日ふと 64Bit版のインストーラに付いてきた Merge7z***.dll を単純にコピーしてやる方法を思いついたのだ。

そうしたら何のことは無いすんなりとZipファイル同士の比較ができるようになった。

あっけなかった。


Windows用のコマンドライン 圧縮は 7-Zipのコマンドライン版 7z.exe (7za.exe) が今のところ一番だ!: NN Space BLOG-NN空間ブログ

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60165406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ