2006年05月27日

開いているファイル セキュリティの警告!〜テキストファイルでもスクリプトは対象か!?

NN Space BLOG-NN空間ブログ: 最近リセットばかりでHDDの調子が気になる にて紹介したハードディスクエラーチェックコマンドスクリプトを若干改良したスクリプトを公開します。

Scandisk_chkdsk2.bat

上記ファイルをダウンロードし、ダブルクリックして実行してください・・・

・・・と、この説明で十分だと思っていたのですが自分で作ったファイル以外のものを(インターネットからダウンロードした場合など)実行する場合には(WindowsXPでは)おなじみの以下の警告が出るんですね。
今まで全然気が付きませんでした。

中身はテキストファイルのバッチファイルでもこの扱いなのね…。盲点だった。

SecurityAlertOfFileOpen20060527_231430.png
上記画面は、自分で作成した(インターネットに公開する前の)ファイルを開くときには出てきませんが、ダウンロードしたファイルにはその情報がどこかに記録されているということです。

###思い込み###
実行ファイル系のバイナリファイルだけがこの警告の対象だと思い込んでいたのでまったく気が付きませんでした。

まさか自分で作ったファイルがいったんインターネットを通してダウンロードした時に属性が付加されていようとは…

ファイルのプロパティを見るとしっかりとセキュリティ項目が増えていますね。
DownloadFileSecurity20060527_232524.png

でもおそらくこの機能はWindows XP(または2000)以降のOSでファイルシステムがNTFSの領域に保存した場合にのみ有効だと思うのですがご存知の方いらっしゃいますか。

###追記###
少々論点がぼやけてしまったので補足します。
1.ディスクチェックスクリプトのバージョンアップ版公開
2.バッチファイルであってもダウンロード後にはセキュリティ属性が付加される
@2006/05/27 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows TIPS
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/723788
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ