2013年10月29日

なぜ身長を2回、3回かけたり、割ったりする指数があるのか考えてみた

身長(cm)×身長(cm)×身長(cm)÷80000=理想体重(kg):ダイエット速報@2ちゃんねる

身長を3回かけると、自分の身長を一辺とした立方体(サイコロ)ができます。

身長を2回かけると、同じく平面ができます。

繰り返し割る場合も上記の単位がベースになります。逆数ですね。


たとえば「BMI 」の算出方法は、『体重(kg)÷ (身長(m)× 身長(m))』です。これは、体重がどれくらいの面積に「どれくらいの高さ」で収まるかを見る指数です。

子供のころには ローレル指数 - Wikipedia が使われましたね。

これは ローレル指数=体重(kg)÷( 身長(cm)×身長(cm)×身長(cm))×10000000 と計算されます。この場合 どのくらいの密度で体重が分布するかを見ています。


体重と身長をかける指数は有りませんし、体重は分子(割られる数)に、身長は分母(割る数)になります。

本当にそれしかないかと思ったらWikiには

ボルハルト指数: 身長(cm)×胸囲(cm)÷ 体重(kg)
というものがありました。珍しい指数ですね。まあ、これも、
身長(cm)×胸囲(cm)
を計算することで単純に板っぺらの体積とみなしている指数の一種でしょう。

そして、÷80000 とか×10000000 とかは、単に計算結果が見やすい数字になるように調整しているだけです。意味なし。

@2013/10/29 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感&戯言
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79451263
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ