2007年12月12日

個人メモ技(デジカメフラッシュ)

デジタルカメラで、近距離フラッシュ撮影する場合。

マクロモード(近距離撮影モード)があったらマクロモードにしてフラッシュを光らせたほうが映りがきれい。

通常モードだと光が強すぎるために白飛びする傾向がある。


###ホワイトバランスも重要###
人間の眼はかなりいい加減で、いつも見ている同じものは「どこで見ても同じ色」に見えるように感じるように補正されてしまっています。脳内で。

そのため、ある程度正直に写真に映ってしまう色の違いに違和感を覚えてたりするものです。
で、ホワイトバランスといって、白の基準となる色をもった板があります。

[メール便160円発送可能]【人肌基準の正確なホワイトバランスを取ろう!】銀一 シルクグレーカ...

ホワイトバランスの調節のできるデジカメであれば、この「白の基準値」をもとにバランスを取った後で写真を撮ると奇麗に撮影ができます。

「ホワイト(白)バランスなのに、なんで18%グレーやねん!」と思う方もいると思いますが、基本的に現実の世界には究極の「白」というものはありません。逆に究極の「黒」もありません。そのため場合によっては白が黒く見えたり黒が白に見えたりするぐれーな世界なのです。というわけでホワイトバランスの基準はグレーなのです。
(人間基準で、人の目が認識する平均的なグレー)

ではほかの色はどうして基準にならないかというと、光の3原色をバランスよく含まないからです。
グレー(もしくは白)の色(光)は、バランスよく3色混合した発色をしているためグレーに見えるのです。
三原色
@2007/12/12 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書と備忘録
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8121611
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ