2014年05月23日

MS ゴシック 10pt からアンチエイリアスを有効にする

巷では MacType という システム全体のフォントレンダリングを お手軽アンチエイリアス化してしまうソフトウェアがはやっているけども(実際それを入れて試してみたんだけども) どうしても馴染まなかった。Windowsはやっぱりこのいまいちなフォントも含めてWindowsなんだよ!と思う。微妙なバランス感覚というか。

でも、普段ちょこっと気になるところへの 10pt のフォントサイズで表示しているエディタなどの MS ゴシックがどうしてもアンチエイリアス表示にしたかった。
こういうところだけは譲れない。ほかはどうでもいい、そんな感じ。

そこで見つけたのが以下の情報
MSゴシックとMS明朝で、ClearTypeを有効にする

紹介されているツールはどうにかして全部集めた
FontTools.exe
ttfmodw-0.0.7.zip
ttftools.zip
UniteTTC.zip
中には代替ソフトもある。

これを元に MSゴシックを改造して見事に 目的を達成。

このフォントは結構使える。

@2014/05/23 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows TIPS
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97788408
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

・おすすめ楽天ショップ1:trendyimpact楽天市場店
・おすすめサプリショップ:iHerb.com
・おすすめ楽天ショップ2:上海問屋
Powered by さくらのブログ